This Man-その顔を見た者には死を-第40話「一人」のあらすじと感想(ネタバレあり)

This Man40This Man その顔を見た者には死を
スポンサーリンク

『This Manその顔を見た者には死を』Case40「一人」のあらすじと感想です。

ネタバレを含みますので、未読の方はご注意ください。

遂にKODAMAと対峙した斗たち。

しかし、追い詰められたハズのKODAMAはそれすらも「エンターテインメント」に仕立て上げようとするのでした。

自分たちの映像が全世界に配信される中、斗はどのような行動にでるのでしょうか。

前回のあらすじはこんな感じです↓↓↓

Case39「Ladies and Gentlemen」

This Man-その顔を見た者には死を-第40話「一人」のあらすじ

KODAMAの自白

「もうお前に逃げ場はない」

斗にそう言われたKODAMAは、アッサリ自分がディスマン事件の首謀者であることを認めました。それどころか、斗に「もっと感動的なことを言え」とダメ出しする始末。

さらに「これは僕のショーなんだから首謀者なのは当然」と、これまでの経緯を語り始めるKODAMA。

最初は気に入らなかった兄貴(ドクター関)と明里母娘を襲い、殺人鬼に追われる星子を守るというシナリオだった。しかし「モブキャラ」だった斗が、生き延びて星子を守り始めた。

KODAMAは予定を変更し、黒瀬警部を使って斗と星子の居場所を捕捉しつつ、逃げ回る2人を民間人にも追わせる「視聴者参加型のショー」にした。しかし、黒瀬は斗たちの居場所を見失い。斗たちは追ってをかわしながら真実を掴み、KODAMAを追い詰めた。

敗因は、モブの斗が逃げ回り過ぎたことと分析しつつ、しかし「この勝負でボクが負ける事は絶対にない」と、KODAMAは言います。

『This Manその顔を見た者には死を』Case40より引用

殺人を犯したのは全て「おもしろいのディスマン」と黒瀬警部。KODAMAが警察に捕まれば、世間はKODAMAの一言一句に注目する。有名になったKODAMAには既に信者も多い。舞台を刑務所に変え、KODAMAが主演のエンタメショーは続くと言うのです。

一人になったKODAMA

勝ち誇った様子のKODAMAに対して「勝ち負けはどうでもいい」と返す斗。

斗は事件の真相を知っている犯人を捕まえに来た。それだけなのです。

そんな斗に、やっぱりお前はモブだ、人としての器が小さすぎると失望するKODAMA。しかし、そんなKODAMAにはもう味方がいませんでした。

カメラを回させられていたスタッフの女性も、内村の説得に応じて配信を止めてしまいます。

一人になったKODAMA。それでも「ボクには大衆の味方が・・・」と強がるKODAMAでしたが、斗に「その大衆はここに飛んできて、お前の代わりに僕を殴ってくれるのか?」と言われて言葉を失います。

『This Manその顔を見た者には死を』Case40より引用

KODAMAには、この場を切り抜ける策は無いようです。

謝る星子

ソファに座り込み「ボクに勝ったと思うなよ」と、斗たちを睨むKODAMA。

メディアに、斗や星子を貶めるようなことを言って、絶対に追い詰めてやる。まだそんな事を言っているKODAMAに、星子が「ごめんなさい」と書かれたスケッチブックを見せました。

『This Manその顔を見た者には死を』Case40より引用

唖然とするKODAMA。

星子の想いを斗が代弁します。KODAMAと出会った時の事を思い出した星子。あの頃の星子は幼稚でわがままで、周りの全ての人が嫌らしく汚く見えていたのだそうです。

お母さんを殺したことは一生許さないけど、あの時のことは謝りたい。そんな事を書いたスケッチブックを、目に涙を浮かべながら見せてくる星子を見て、KODAMAの心が砕けます。

「今さらおせーよ…」

「謝るなよ…お前…謝るなら…最初からこんな…こんな…」

放心するKODAMAに斗は最後の質問をぶつけます。

「ディスマンはどこにいる」

This Man-その顔を見た者には死を-第40話「一人」の感想

ディスマン事件の首謀者として、斗たちを苦しめてきたKODAMAでしたが、いざ対峙したらアッサリと決着がついてしまいました。何か策を持っているかもしれないと思っていただけに、肩透かしを食らった気持ちです。

そして、KODAMAがこの事件を起こすきっかけとなった星子の心ない言動はそのままの意味だったんですね。普通だったら失礼なガキで済まされる話だけど、たまたま爆発するきっかけを探しているような人物に出会ってしまったのが、悲劇の始まりだったってことでしょうか・・・

星子が人の感情を感じ取ってしまうことで人間不信になってしまっていることや、KODAMAが幼少期のトラウマから「汚い」という言葉に過剰に反応してしまうことは、お互い知ったことではないというか、本当に最悪な組み合わせが出会っちゃった感じなんでしょうね・・・

コメント

タイトルとURLをコピーしました