This Man-その顔を見た者には死を-第39話「Ladies and Gentlemen」のあらすじと感想(ネタバレあり)

ThisMan39This Man その顔を見た者には死を
スポンサーリンク

『This Manその顔を見た者には死を』Case39「Ladies and Gentlemen」のあらすじと感想です。

ネタバレを含みますので、未読の方はご注意ください。

タレコミ情報を受けてKODAMAが借りているというビルを目指す斗たち。そこへ七城から連絡があり「七城家の怪人」と「おもしろいのディスマン」は全くの別人であることが判明します。

Case39では、ディスマン事件の始まり、KODAMAと明里母娘の出会いが描かれます・・・!

前回のあらすじはこんな感じです↓↓↓

Case38「オオカミ少年」

This Man-その顔を見た者には死を-第39話「Ladies and Gentlemen」のあらすじ

KODAMAと明里母娘の邂逅

辛い過去を乗り越え、動画配信者として軌道に乗り始めていたKODAMA。

ある日、彼が街中で動画を撮影している時に出会ったのが、明里母娘でした。

美少女の星子に動画に出てもらいたいと思ったKODAMAは、撮影許可を取ろうとします。しかし、星子からメモを渡された彼女の母親は「ごめんなさい、失礼します」と、立ち去ってしまいました。

それだけならただの撮影拒否。しかし、去り際に星子が見せた「心底軽蔑するような表情」が、KODAMAの心に影を落としました。

『This Manその顔を見た者には死を』Case39より引用

2人の後をつけ、駅のゴミ箱に捨てられた星子のメモを漁るKODAMA。

そこに書かれていたのは「きたない」のひとことでした。

「嘘つき」と呼ばれた少年時代から立ち直れたと思えていたKODAMAは、この一言に深く傷つきました。自分は何も変われていないのかと。そして、ならば自分の嘘で世間を騒がせ、嘲笑ってやろうと憎悪に燃えるのでした。


KODAMAのアジトへ突入!

KODAMAの回想が終わり、場面は現代に切り替わります。

斗たちが、KODAMAのビルに乗り込んできました。KODAMAに弱みを握られていたという女性スタッフが逃げようとしますが、防火シャッターが逃げ場を塞ぎます。情報をくれたビルの管理会社の人は、本物だったようです。

『This Manその顔を見た者には死を』Case39より引用

斗たちは、サクサクとビルの中を進み、KODAMAのスタッフや偽物の星子とその母親を確保。スタッフは玲愛に、偽星子たちは菊池に任せて、KODAMAの元へと急ぎます。

玲愛は斗を送り出す際「無事に戻ったら別れ話をしましょう」と告げるのでした。


遂に対峙!

遂にKODAMAのもとへ辿り着いた斗たち。

「Ladies and Gentlemen!! ようこそKODAMAチャンネルへ‼!!」

『This Manその顔を見た者には死を』Case39より引用

KODAMAはカメラを回し、斗との対峙を全世界に生放送していました。

「おもしろければそれでいい」を最後まで貫こうとするKODAMA。

斗は遂に辿り着いたディスマン事件の犯人に対して、どのような行動に出るのでしょうか!?

This Man-その顔を見た者には死を-第39話「Ladies and Gentlemen」の感想

KODAMAが明里母娘に恨みを持つきっかけは、星子が「きたない」と書いたメモと、軽蔑するような表情でした。確かに星子はかなり酷い顔をしていましたし、きたないという言葉もKODAMAには突き刺さる言葉だと思います。しかし、お母さんがそんな星子に対してかなり軽く接していたので、星子の言動にも何か理由があるようです。KODAMAは着ぐるみ姿でしたが、単純に着ぐるみが汚かったとか・・・

星子がKODAMAに言わなければならない事があるというのは、その時の誤解を解かなければいけないという意味かもしれません。

そして、KODAMAが追い詰められているにも関わらず、未だに姿を見せない「おもしろいのディスマン」と剣の存在も気になるところです!


コメント

タイトルとURLをコピーしました