【This Manその顔を見た者には死を】第34話のネタバレと感想・考察!七城家が繋ぐ2人の怪人!

ThisMan34話This Man その顔を見た者には死を
スポンサーリンク

『This Manその顔を見た者には死を』Case34「信じます」のネタバレと感想・考察です。
ネタバレがあるので未読の方はご注意を!

神水の遺したノートから、剣の失踪の真実を知った斗と菊池。剣はディスマンに似た怪人に襲われ、心を壊されていました。

さらに続く神水の述懐。Case34では、神水とKODAMAがどのように繋がったのかが判明します。

前回のあらすじはこんな感じです↓↓↓

Case33「暗示」

神水とKODAMAの出会い

斗と菊池は、玲愛たちのいる部屋に移動し、神水のノートに書かれた真実をみんなに伝えます。神水のノートにはKODAMAとの関係も記されていました。

ある日、スナックの開店準備をしていた神水のもとへKODAMAが訪ねてきます。KODAMAのファンだった神水は大喜びで接待が、KODAMAが人吉を訪れた目的を知って青褪めます。

『This Manその顔を見た者には死を』Case34より引用

ワンチューバ―として人気が伸び悩んでいたKODAMA。そんな時、自身の動画に「人吉にも怪人がいる」というコメントがつき、ネタが欲しくてやってきたと言います。そのコメントは自分が送ったと告白する神水。彼女の表情から尋常ならざる様子を察したKODAMAは場所を変えようと提案します。

2人は場所を変えて、神水の部屋らしきところへ移動。そこでKODAMAは突然神水にキスをします。「一目でまつりちゃんいいなと思った」と言うKODAMA。そのまま神水はなし崩し的に初めてを奪われてしまうのでした・・・

「いや、なんでそうなるんだ!」とツッコミたくなる展開です。神水は、KODAMAとの出会いに運命を感じていたようですが、KODAMAは計画的に神水に近づいていたような気がします。

七城家が繋ぐ人吉と奥多摩の怪人

KODAMAと男女の関係になってしまった神水は、そのまま剣の話を打ち明けます。

「嫌われてもいいからKODAMAの印象に残りたかったのかもしれない」と振り返る神水のメンタルは既に正常ではなかったようです。

しかし、神水の予想に反して、KODAMAは激しく憤り、神水と剣に同情します。「悪いのは全てその怪人だ!」と断定し、「キミ達を助けたい!!」と言うKODAMAに、神水は号泣します。

KODAMAはまず、剣に会いに行きました。神水も最近会っていないという剣に、KODAMAは一人で会いに行き、怪我をして戻ってきます。そして「剣を東京に連れて行って治療する」と言い出します。

KODAMAは、彼が奥多摩で追っていた怪人と、剣を襲った怪人は同一人物だと考えていました。なんと、奥多摩には七城家の別荘があるそうです。ディスマンと七城家の繋がりを暴き、回復した剣に「証言者」になってもらう。神水には準備が整うまで人吉で待つように言い、KODAMAは東京へ戻っていきました。

『This Manその顔を見た者には死を』Case34より引用

神水を裏切ったKODAMA、剣の安否は?

東京に戻ったKODAMAに神水が電話をしても、彼が出ることはありませんでした。

斗が七人衆に「ディスマン」の似顔絵を送った時も、神水は慌ててKODAMAに連絡します。やはり怪人は東京に潜んでいると思ったからです。

その後、東京でディスマンによる連続殺人事件が発生。KODAMAはディスマンと戦う動画を配信し、一気に知名度を上げていきます。いつの間にか七城家の「怪人」ではなく、斗を犯人に仕立て上げ、動画で追跡を始めたKODAMA。裏切られたことを感じながらも、神水はKODAMAを信じ続けます。

神水の状況的に、KODAMAを信じるしかなかったのでしょうね。信頼というより依存に近い心理状態だったのかも。それだけ、絶望から救い出してくれたKODAMAの存在は、神水にとって大きかったのでしょう。

神水のノートを読み終えた斗は、「剣はKODAMAとおもしろいのディスマン(=七城家の怪人)に捕らわれている」と言います。しかし、九品寺には、もう一つの可能性が見えているようです・・・

『This Manその顔を見た者には死を』Case34より引用

『This Manその顔を見た者には死を』Case34のネタバレと感想・考察まとめ

『This Manその顔を見た者には死を』Case34のネタバレと感想・考察でした。

KODAMAはワンチューバ―としての人気を得るために、神水はもとより怪人すらも利用しているということなのでしょうか?

そうだとすれば、剣は既に消されてしまっているかもしれませんね。真実を知る彼が万が一回復してしまっては厄介ですからね。九品寺が考えるもう一つの可能性というのも、そういう展開なのではないでしょうか・・・

コメント

タイトルとURLをコピーしました