【This Manその顔を見た者には死を】第28話のネタバレと感想・考察!黒瀬警部は敵だった!

This Man28This Man その顔を見た者には死を
スポンサーリンク

『This Manその顔を見た者には死を』Case28「仲直り」のネタバレと感想・考察です。
ネタバレがあるので未読の方はご注意を!

前回のあらすじはこんな感じです↓↓↓

Case27「太陽」

斗は、小学生の頃に失踪した兄・剣のことを星子に話す。兄の失踪に責任を感じている斗を星子が励ます。そこに、かつての味方・黒瀬警部が訪ねて来るのだった。果たして黒瀬警部の目的とは!?

『This Manその顔を見た者には死を』第28話の要点ネタバレ

まずは『This Manその顔を見た者には死を』第28話の要点(ネタバレあり)をまとめてみました。

  • 黒瀬警部は斗に協力すると申し出るが実は敵だった
  • 斗は過去の発言から黒瀬警部に疑いを持つ
  • 黒瀬警部はシャワーを借りるフリをして神水を回収する
  • 駆けつけた斗は黒瀬警部に撃たれてしまう

黒瀬警部の目的は神水を回収することだったようです。斗たちは一気に窮地に陥ってしまいました。

『This Manその顔を見た者には死を』第28話の感想・考察

黒瀬警部はディスマンの一味か?

久々に登場した黒瀬警部は残念ながら味方ではなかったようです。むしろ、裏切り発覚のシーンではかなりの悪人に見える。単純に考えれば「神水を回収しに来たディスマンの一味」ということになると思います。ここでは気になる点が2つあります。


『This Manその顔を見た者には死を』第28話より引用

1つは、星子が敵だと見抜けなかった点。黒瀬警部は斗たちに「クビになる覚悟でアマちゃんに協力しようと決めた」と言い、味方のフリをしていました。普通なら人の感情を感じ取れる星子がすぐに嘘だと気づくはず。

そもそも黒瀬警部がディスマンの一味なら、もっと初期の段階で星子に見抜かれているはず。老獪な刑事は感情のコントロールも自在にできるという事でしょうか。

もう1つは、神水を回収しようとしている点。今までの流れで行くと、ディスマンの一味が失敗した仲間を回収に来るとは思えません。むしろ、斗たちの居場所が分かったのなら、そこに派遣されるのは「おもしろいのディスマン」な気がする。

この2点を考えると、黒瀬警部がディスマンに近い存在ながら、何か別の目的を持って行動している可能性もありえそうな気がしています。

神水の裏切りには剣が関係している?

神水が斗たちに何も話そうとしない理由は「まだ好きとやもん」とのこと。好きな人の為に真相は話せないようです。菊池はその好きな人とはKODAMAのことだと思ったようですが、Case26で「あの時死んだのが斗君の方だったら・・・」と発言していたことや、「まだ」好きという発言から、これは剣のことを指しているんじゃないかなと思いました。

神水が人吉七人衆を裏切り、KODAMAに加担している理由には、何らかの形で剣が絡んでいるのかもしれません。

神水は自分に「もしもの事があった時にはイスの下を調べろ」と、何かしらの手がかりを残しているようなので、神水が黒瀬警部に連れ去られた後に新たな真実が判明しそうな予感です。

【This Manその顔を見た者には死を】第28話のネタバレと感想・考察

【This Manその顔を見た者には死を】第28話のネタバレと感想・考察でした。

黒瀬警部が敵に回った後の表情が怖かったです。彼はシンプルにディスマンの一味の可能性も高そうですが、何か別の目的を持って行動している可能性を示唆する要素も出てきたりと、現状では判断が難しいです。

相変わらず、災難な展開が続く斗たちですが、このピンチを脱することができるでしょうか。




コメント

タイトルとURLをコピーしました