ONEPIECE(ワンピース)915話のネタバレと感想!お菊の一太刀で戦闘開始!

スポンサーリンク

いらっしゃいませ。

『ONEPIECE(ワンピース)』第915話「博羅町」のネタバレありの感想です。

ギフターズにさらわれたお玉。

ルフィ、ゾロ、お菊はお玉を救出するため博羅町へと向かいます。

そこで待ち受けているのはワノ国最強の横綱浦島と、百獣海賊団“真打ち”のホールデムです!

ゲスな横綱浦島!

博羅町では大相撲が興行中でした。

横綱の浦島は飯屋でお菊のことを考えています。

「地位」も「名誉」も「安全な食糧」もある俺がフラれるはずないっぺ!

と、お菊を妻にする気満々です。

隣で飯を食っていたマウスマンは「つまらねぇことで悩むな」と言います。

はっきりとした身分制度がある「ワノ国」で、士族の浦島が下人のお菊をどう扱おうが自由だというのです。

それを聞いた浦島は「そうだっぺな♡」とゲスな笑いを浮かべます。

ONEPIECE915話①

さらには、飯屋の主人が大切にしているペットのタヌキを料理しろと言い出します。

大相撲の横綱は天竜人クラスのクズ野郎でした・・・

百獣海賊団“真打”ホールデム

お玉は博羅町のある屋敷に連れてこられました。

そこで待っていたのは百獣海賊団“真打ち”のホールデムです。

ONEPIECE915話②

ライオンのSMAILE・・・というかお腹がライオンになってます。

お玉は怖くて泣いちゃってますね(笑)

しかも、ホールデムとお腹のライオンは仲が悪いようで喧嘩を始めました。

ライオンの金的攻撃が決まります!

ONEPIECE915話⑥

しかし、一心同体の2人にとってその股間はライオンの股間でもあります。

ONEPIECE915話③

かなりふざけた感じですが、彼はホーキンスと同格の真打ちです。

戦闘になるとライオンと抜群のコンビネーションを発揮するのかもしれません。

ホールデムの狙いはお玉の能力

ホールデムの狙いはお玉の能力でした。

貴さまごときがどうやって狒々を手懐けた・・・?

そう聞かれたお玉は「動物に懐かれやすいだけでやんす」とごまかそうとしますが、ホールデムの部下はお玉がほっぺたをちぎっている所まで目撃していました。

「やってみよう」と部下にペンチを持ってくるよう命じるホールデム。

ONEPIECE915話④

ルフィたちは間に合うのでしょうか!?

ルフィたちが博羅町に到着!

ルフィたちは博羅町に到着しました。

すぐにホールデムの部下と思われるゴロツキが集まってきますが、ルフィが覇気で蹴散らします。

ONEPIECE915話⑤

そのまま狛犬に乗って町の奥へと進むルフィたち。

町の中には普通の人々もけっこういました。

お菊の説明によると、博羅町は20年前までは活気のある城下町だったとのこと。

ある日オロチの部下がやってきて、生活に「必要な商人達」を残して町民を外に追い出してしまったそうです。

お菊の一太刀で戦闘開始!

町の奥では大相撲の特別余興興行が行われていました。

ルールは浦島を倒せば500金!!

土俵に収まれば何人がかりでも構わないという鬼ルールですが、圧倒的な強さを見せる浦島に誰も歯がたちません。

そんな浦島には黄色い声援もとんでいます。

最強の横綱は町人からの人気も絶大でした。

ONEPIECE915話⑦

そこにルフィたちがやってきました。

お菊の姿を見つけた浦島は「俺の嫁になる決心がついたのか!」と大喜びです。

それに対して、お菊が町の外の人間と知った観客たちは罵声を浴びせます。

この町に入るのもおこがましい!

身分の卑しい女め!

この町の身分制度は町民たちにまで浸透してしまっているんですね・・・

そんな観客たちに怒る浦島もまたクズでした。

黙れ平民共!!おれ達士族からすりゃどっちも同じ下人だっぺ!!

お前達の人生なんぞ生かすも殺すも俺の自由だァ!!!

引用:『ONEPIECE』915話

殆どマウスマンの受け売りですが最低なセリフです。

これにはお菊も頭にきたようです。

華麗な身のこなしで宙を舞い、浦島の髷を切ってしまいました。

ONEPIECE915話⑥

町のボスを引っ張り出したいルフィとゾロも、お菊に続いて暴れる気満々です!

ここで次回に続きます。

まとめ

『ONEPIECE(ワンピース)』第915話のネタバレと感想でした。

侍と名乗っていたお菊は流石の身のこなしです。

ワノ国最強の横綱と言われている浦島の髷を軽々切ってしまいました。

また、915話はワノ国にはびこる身分制度の根深さが感じられる回でもありました。

ルフィ達がカイドウと一緒にぶっ飛ばしてくれることを期待したいです。

次回も楽しみです!

コメント

タイトルとURLをコピーしました