ONEPIECE(ワンピース)895話のネタバレと考察!ルフィvsカタクリの結末は・・・?

スポンサーリンク

いらっしゃいませ。

『ONE PIECE』第895話「海賊ルフィVS将星カタクリ」のネタバレと考察です。

894話のラストで、ルフィは決着をつけるべく奥の手スネイクマンを発動します。

895話は一話まるごとルフィVSカタクリです!

両者とも最後の力を振り絞った勝負の行方はどうなるのでしょうか・・・?

ONEPIECE(ワンピース)895話のあらすじとネタバレ

ルフィはギア4「蛇男(スネイクマン)」を発動します。
スネイクマンの攻撃は回避しても軌道を変えて加速し、別の角度からカタクリを捕えます。

最初の一撃では何が起きたか分からなかったカタクリですが、すぐに対策を打ってきます。

一撃目をかわしてすぐに攻撃に転じるというものです。

ルフィのパンチが軌道を変える前に懐に飛び込み、必殺技「斬・切・餅」を叩き込みます。

この一撃で大きなダメージを受けたルフィ。ここからは両者の死力を尽くした打ち合いです。

しばらく打ち合ったあと、再び「斬・切・餅」で勝負を決めに来たカタクリ。

ルフィも「ゴムゴムの王蛇(キングコブラ)」で応戦します。

この一撃で決着か!?

ここで次回に続きます。

ONEPIECE(ワンピース)895話の感想と考察

ギア4の新形態「スネイクマン」

895話では、ルフィがギア4の新形態「スネイクマン」を発動させます。

今までに見せた「バウンドマン」「タンクマン」のようにルフィの体がごつくなりますが、この2つに比べたらすっきりとした体形です。
また、髪が伸びています。パワーアップで髪が伸びるってスーパーサイヤ人3みたいですね。

スネイクマンの特徴は「スピード」

技自体は、バウンドマンの時にも見せていた「大蛇砲(カルヴァリン)」がベースになっているようです。
しかし、ルフィ自身が言っているようにより速くなっており、カタクリでさえも完全に見切るのが難しいようでした。

「大蛇砲」のスピードを上げたものが「スネイクマン」なのか、最もスピードが出る攻撃方法が「大蛇砲」だから「スネイクマン」なのか・・・

スネイクマンの名前の由来は判明していませんが、この「大蛇砲」という技はルフィの攻撃方法の中でもかなり強力なものと言えますね(^-^;

今回、ルフィがスネイクマンを発動したのは、見聞色の覇気で攻撃を攻撃を読んでくるカタクリに対して「分かっていても止められないスピード」で攻撃するためだと思います。

思ったことを全部言うルフィ

895話では、ルフィが思ったことを全部口に出して言うシーンがあります。
戦闘の最中に「痛てぇ」「苦しい」「腹減った」など、弱音を全部口に出します。

普段から、ルフィは思ったことはすぐに口にする性格ですが、闘いの最中に「腹減った」はさすがに普段なら言いません(^-^;

これは、カタクリの見聞色の覇気に対して、ルフィがスピードで挑む事に関係しているのかなと思いました。

今回、ルフィがスネイクマンを発動したのは、見聞色の覇気で心を読んでくるカタクリに対して「分かっていても止められないスピード」で攻撃するためだと思います。

そのため、身体的なスピードだけでなく心についても、余計なものはすべて吐き出して軽くしたんじゃないかなと思います。

まとめ

ONEPIECE(ワンピース)895話は、1話まるごとルフィvsカタクリでした。
最近のONEPIECEでは視点が一回も変わらないのは珍しい気がします。

それだけ、この闘いが今回のシリーズで重要な意味を持ってるってことですね。
カタクリは懸賞金10億ベリーで、ルフィが勝利すればビッグ・マム海賊団にも大きなダメージになります。

次回、2人の戦いが決着しそうですが、ルフィは勝利できるでしょうか?

次回も楽しみです!

コメント

タイトルとURLをコピーしました