ノアズノーツ第21話の感想(ネタバレあり)&考察!未来はループを食い止める存在?

ノアズノーツ21話NOAH'SNOTES(ノアズノーツ)
スポンサーリンク

いらっしゃいませ。

ノアズノーツ第21話「人類周回説(ループセオリー)」の感想と考察です。

アトランティスの遺跡を発見し、レインマン教授との再会も果たしたノア先生たち。

しかし、喜びも束の間、すぐに教授と未来の様子がおかしいことに気がつきます。

未来とはここで何回も会っている

そう口にするレインマン教授の真の目的とは…!?

『ノアズノーツ』21話のあらすじ

レインマン教授との再会を喜ぶノア先生たちを見ながら、何かを思い出しそうな未来。

そして、それは良い記憶ではないようです。

ノア先生はそんな未来を教授に紹介しますが、教授は彼女とは何回もここで会っていると言います。

2人の様子がおかしいことに気づき始めた一行。

そこで未来が「先生っ!私思い出した!」と叫びかけます。

しかし、未来は次の瞬間には銃で撃たれてしまいました。撃ったのはレインマン教授です。

ノアズノーツ21話②

いつの間にかオアシスはノーティラスの軍に包囲されていました。

教授とノーティラスは繋がっているようです。

教授はまたやり直しだと言います。

最初の歴史では、未来は2018年7月6日のみなとみらいで交通事故で亡くなるハズだというのです。

教授の真意が分かりかねる中、ARCLabのメンバーはノア先生と未来を逃がそうと、敵に向かっていきます。

しかし、未来はノア先生の腕の中で息絶えようとしていました。

ノア先生が自分の名前を呼ぶ声が聞こえる中、徐々に意識が薄れていき・・・

気が付くと未来は高校の教室にいました、さっきまでの出来事が嘘のように授業を受けています。

未来はまた記憶を失い、ループしてしまったのでしょうか・・・!?

未来はループを食い止める存在?

第21話では、未来が人類のループを回避するための鍵を握る存在だという事が示唆されていました。

レインマン教授は彼女についてループの異分子、その子に記憶を引き継がせてはいけないなどと言っています。

この記憶を引き継がせてはいけないという発言は、逆に言えば未来がループする前の記憶を引き継げるということですよね。

未来には、何か特別な能力が備わっている可能性が高そうです。

しかし、人類をループから救える能力を持っているが故にレインマン教授に狙われ悲劇を繰り返しているとしたら、なんとも皮肉な話ですね・・・

ノアズノーツ21話③

シュレディンガーの黒猫?

最初の歴史では交通事故で死ぬはずの未来がループ後の世界では生き延びることができるのはシュレディンガー黒猫の仕業だそうです。

シュレディンガーの猫というのは有名な思考実験ですが、シュレディンガーの黒猫はHiNOTESかもしれませんね。

不死の犬、ハントのように人間の手で自然の摂理から外れてしまった存在なのかもしれません。

しかし、第1話で登場した黒猫の存在なんてすっかり忘れていました。

たしかに第1話では、未来が怪我をした黒猫を見かけて追いかけたことでNOTESを発見し、それがノア先生との出会いにつながりました。

その黒猫が物語の発端であり歴史の分岐点になっていたとは!

ノアズノーツ21話①

『ノアズノーツ』を読んでいて一番驚いたかもしれません。

まとめ

『ノアズノーツ』第21話の感想と考察でした。

物語は革新へと迫ってきた感じですね!

未来はおバカな女子高生ではなく、人類のループに大きく関与している重要な存在でした。

最後は物語が振り出しに戻ってしまったような描写でしたが、未来とノア先生は悲劇のループを脱することができたのでしょうか?

次回も楽しみです!

コメント

タイトルとURLをコピーしました