君は008(ダブルオーエイト)20話のネタバレ感想&考察!オキタ先生が見せる分析官の強さ!

君は008第20話君は008(ダブルオーエイト)
スポンサーリンク

いらっしゃいませ。

『君は008(ダブルオーエイト)』第20話「分析官(インテリジェンス)」のネタバレありの感想です。

エイトと野原が食堂で出会った華奢な男は「実戦科学」の教師オキタ先生でした。

授業では最新の科学技術とともに、分析官の戦闘力高さも教えてくれます。

さらにオキタ先生は、エイトの父親と何やら因縁があるようです・・・

『君は008』の第20話のあらすじ

オキタ先生による「実戦科学Ⅰ」の授業が始まりました。

最新の技術はまず我々の組織で実用化され、のちに一般に普及する。というオキタ先生。

授業では、まだ世に出ていない最新技術が披露されます。

その中の1つが、エイトたちのタイブレードにも使用されているナノゼイロンです。

このタイブレード、実はコアシステムにアクセスすることで剣の形状を変えることができるそうです。

名乗らんくんや何人かの生徒は既に気づいてカスタマイズしていました。

最先端の武器を使いこなせれば分析官でも闘えるってことですね!

エイトは興奮しながらオキタにそう聞きますが、その認識はすぐに改められます。

一瞬で生徒全員の肌すれすれに糸を張り巡らせたオキタ先生。

このクラス全員くらいなら2秒もいらずに始末できる。

分析官だからといってエージェントより戦闘力が低いと言う認識は命取りということを自身の実力で教えてくれました。

その夜、いつものように剣術修行に励むエイト。

すると、そこにオキタ先生が襲撃してきました。

攻撃をかわしたエイトに「その感覚の鋭さ・・・父親譲りというわけか」と意味深なセリフをつぶやくオキタ先生。

果たして彼の目的は・・・?

ナノゼイロンに続くスパイ道具が登場!

「実戦科学Ⅰ」の授業では、ナノゼイロンの他にも最新技術を駆使したスパイ道具が紹介されました。

1つ目は「立体虚像投影機D・V・P(ディメンション・バーチャル・プロジェクター)」です。

ビー玉くらいの球体から、立体映像を投影できる道具です。

君は008第20話①

あらかじめ動きを入力しておくことや、遠隔操作が可能で囮として活躍しているそうです。

エイト達がやられた!って思ったら実は立体映像だった。みたいなシーンが今後あるかもしれませんね。

2つ目は「硬直光線F・F(フリージング・フラッシュ)」です。

その名の通り、光を見た物を1分間硬直させます。

その間の記憶は無いということで、野原が食堂での仕返しをされていました。

やはり野原は目を付けられていたみたいですね・・・

君は008第20話②

非常に素早い判断と行動を求められるであろうエージェントにとって、1分間という時間を作れることはかなり大きな恩恵をもたらす気がしますね。

F・Fは今後も多く活躍する技術かもしれません。

オキタ先生が見せた分析官の強さ

オキタ先生は最新技術だけでなく、分析官の強さも披露してくれました。

あやめや名乗らんくん、上月の他にも実力者が多数いた教室を一瞬で制圧してしまいます。

君は008第20話③

マフラーの糸を使って、生徒たちの肌すれすれに糸を張り巡らせ、一歩でも動けば刻まれてしまうような状態。

名乗らんくんも言っていましたが、逆に誰一人傷つけない方が凄いです。めちゃくちゃ正確にコントロールが要求される技だと思います。

エージェントの世界で生きる者には、やはり強さは絶対条件なんですね。

エイトを襲ったオキタ先生の目的は?

夜の剣術修行に励むエイトを突然襲ったオキタ先生。

授業中にも、エイトの父親と何やらあったようなセリフをつぶやいていました。

君のずけずけと物を言うところ・・・本当にお父さんにそっくりだねぇ~

引用:『君は008』20話

このセリフからだと、エイトの父親のことはあまり良く思っていないような印象も受けます。

それか、かなり慕っていたからこそ彼の死に納得いっていないとか。

オキタ先生は年齢不詳な感じがするので、実はエイトの父親と同世代でライバルとか親友という関係だったのかもしれません。

いずれにしても、仮にも教師が教え子を襲う目的は何なのでしょうか?

まとめ

『君は008(ダブルオーエイト)』第20話の感想でした。

新しいスパイ道具が登場してテンションの上がる回でした!

実戦科学の教師オキタ先生、普段は柔らかい印象ですが時折見せる冷徹な感じが良いですね。

彼とエイトの父親とは深い仲だったと思われますが、次回その辺りは語られるのでしょうか?

次回も楽しみです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました