君は008(ダブルオーエイト)18話のネタバレ感想&考察!あやめの意外な弱点が判明!

君は008第18話君は008(ダブルオーエイト)
スポンサーリンク

いらっしゃいませ。

『君は008(ダブルオーエイト)』第18話「心の内」のネタバレありの感想です。

レディ先生の「人心掌握学」の授業を受けるエイトたち。

レディ先生から男の魅了の仕方を教えられる女子生徒たちでしたが、この分野はあやめの唯一の苦手科目のようです。

一方、エイトは優しさがエージェントとしての弱点になると指摘されます・・・

色気関係があやめの唯一の苦手分野

女スパイは、セクシーポーズ一つで大統領を魅了し

一国を自在に操れるくらいになって一人前です。

引用:『君は008』18話

レディ先生の高すぎるハードル提示から始まった第18話。

女子たちが最初に学ぶのは、男を魅了する悩殺ポーズからみたいです。

ここで、あやめの唯一の弱点が判明します。

照れる気持ちを消せずぎこちない動きになってしまうあやめ。

レディ先生にも実戦だったら死んでいるわよ!と怒られてしまいました。

君は00818話①

既にエージェントとして任務をこなしており、戦闘力は同級生の中でも抜けた存在のあやめが怒られるシーンはけっこう貴重かもしれませんね。

優しさの危うさを指摘されたエイト

一方、男子たちはマザー先生から相手の心を読むことの重要性を教わります。

相手をよく観察し、視線やしぐさなどの様々な情報から相手の精神状態を読み取る。

これが、人心掌握術の第一歩だと言います。

マザー先生は実演としてエイトのを呼び出し、反応や仕草から心根は優しいが、緊急時には大胆な行動が取れるタイプであると見抜いてしまいます。

野原もうんうんと頷いていましたが、エイトの性格を見事に言い表していますね。

マザー先生は同時に、エイトの優しさはエージェントとして致命的な弱点になりかねないと指摘もしています。

君は00818話②

優しさが弱点になるという部分は、今後もエイトの前にたびたび現れそうな問題です。

エージェントにとっては、常に冷静であることが求められ「情」によって任務に支障が出た場合、自分だけでなく仲間の命も危険にさらしてしまうでしょう。

エイトが本当にエージェントを目指していくならば、この問題にはいずれ自分なりの答えを見つけなければいけないはずです。

レディ先生の過酷な課題

授業が終わり、エイトが一息ついているとバニーガール姿のあやめを発見します。

あやめはレディ先生から、照れを克服するためにバニー姿で屋上まで行くという課題を出されていました。

エージェント的には大したことないのかもしれませんが、女子高生的にはかなり過酷な課題ですね!

そこに他の生徒が通りかかり、エイトは咄嗟にあやめの手を引き屋上までの道のりをサポートします。

君は00818話③

緊急時には大胆な行動が取れるというマザー先生の分析の正しさを証明するかのようなエイトの行動でした。

一緒に窮地を乗り越え、あやめとの関係も進展を見せるかと思われましたがそこはサッパリでしたね。

まとめ

『君は008(ダブルオーエイト)』第18話の感想でした。

あやめの意外な弱点が判明しましたね。

あやめは任務となれば何でも割り切ってやれるタイプかと思ってましたが、思いのほか純情でした。

一方エイトのは、マザー先生に弱点を指摘されて自分が真剣にエージェントになる道を考え始めていることに気付いた様子です。

父親の事を知りたいという気持ちで入ったエージェントの養成機関で、徐々にエージェントそのものに興味を持ち始めたようですね。

エイトの考え方というか、思考の変化は今後も注意して見ていきたいと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました