君は008(ダブルオーエイト)10話の感想(ネタバレあり)!エージェントを志すそれぞれの理由とは?

スポンサーリンク

いらっしゃいませ。

『君は008(ダブルオーエイト)』第10話「志す者」のネタバレありの感想です。

9話でまさかの上月をパーティに加えたエイトたちは、山頂を目指します。

熱を出してダウンした野原を連れて行こうとするエイトと、置いて行けと言う上月。

一緒に行動していても、意見は全くかみ合わない一行ですが、無事山頂に辿り着けるのでしょうか?

『君は008(ダブルオーエイト)』10話のあらすじと感想

野原英雄がエージェントを志す理由

島に来て2日目の夜。エイトたち4人は焚火を囲んで野営をしています。
体調が回復しない野原は足を引っ張っていることをみんなに謝ります。

「気にすんな。友達だろ?」と励ますエイト。

野原は、エイトが生まれて初めての友達だと言い、自分の過去を語り始めます。

野原は、小学生からいじめにあい、中1の頃から引きこもりでした。
実家が町工場で、自作のパソコンでネットサーフィンの日々を過ごしてた時、とあるサイトを見つけます。

そのサイトでは次々と難問が出題され、野原は何日間もひたすら問題を解き続けました。
そして、最後の問題を解いた時、中野高校の受験方法が映し出されました。

野原にとってエージェントを目指すことは「屈辱の人生に風穴を空ける1度きりのチャンス」なのです。

上月大河がエージェントを志す理由

野原がエージェントを志す理由を「くだらん」と一蹴する上月。
彼がエージェントを志す理由は「宿命」だそうです。
上月も過去を語り始めます。

上月の一族は、日本最古のエージェント「忍」です。
彼の一族は「忍」⇒「御庭番」⇒「軍の特殊部隊」⇒「エージェント」と
歴史の裏で暗躍してきました。

エージェントになるため、子供のころから徹底的に修行させられる上月一族。
中野高校は、そんな彼らでも一握りの者しか入学を許されないそうです。

上月がコネ入学のエイトを目の敵にしている理由も、彼の背負う一族の期待があるからだったんですね。

城戸あやめがエージェントを志す理由

野原、上月がエージェントを志す理由を話しました。
流れでエイトはあやめにもエージェントになった理由を尋ねます。

あやめの答えは「物心ついた時にはもうエージェントだった」

・・・流石ですね。

しかし、物心ついた頃からエージェントって怪しいですね。
実験とかで身体能力を高められてたりするパターンかもしれませんね。

エージェントに遭遇!

翌朝。
エイトたちは、再び山頂を目指して山道を進みます。

すると、前方で叫び声が。

ウサギの着ぐるみを被ったタキシードの人物が、同級生を倒していました。

あやめによると、ウサギマンはエージェントで、まともにやりあって勝てる相手ではないそうです。
しかし、ウサギマンの前を通らなければ山頂へは行けそうにありません。
これも、学校側が用意した試練の一つでしょう。

野原を背負ったまま、ウサギマンをかわして進むのは不可能。
どうするか考えているエイトたちに、ウサギマンが話しかけます。

「そこの君たち。隠れてないで出てきたらどうです。」
引用:『君は008』10話

バレてた!

ここで、次回に続きます。

『君は008(ダブルオーエイト)』10話の考察

エージェントを志すそれぞれの理由

10話では、野原、上月、城戸それぞれのエージェントを志す理由が語られました。
城戸は意識する前からエージェントだったそうですが・・・

野原は、実家が町工場という事で、鍵開け以外にも、パソコン操作や、モノ作りも得意だという事が分かりましたね。
ハッキングなどの技術的なサポートのセンスがありそうです。
また、中野高校に認められた「謎解き」の能力も今後発揮されるかもしれません。

上月は、侍ではなく忍びの一族でした。
剣術のみならず、体術や機動力に優れた武闘派といった感じでしょうか。
一族の宿命に縛られている感がありますが、根はまじめでいい奴だと思うんですけどね。
エイトに感化されてもっと優しさをもって欲しいもんです。

怪しいエージェントの実力は?

10話の最後に登場したウサギの着ぐるみをかぶったエージェント。
9話のラストでもちらっと登場していましたね。

出で立ちはめちゃくちゃ怪しいですが、タキシードをビシッと着こなしてる感じ、中身はイケメンですよ、きっと。

あやめが「まともにやりあっても勝てない」と言うくらいですから、相当強いことが予想されます。

エイトたちは4人とはいえ、闘えそうなのはあやめと上月だけです。

エイトが機転を利かせて突破するのか、もしかしたらアッサリやられてしまうというパターンも考えられます。

まとめ

『君は008(ダブルオーエイト)』第10話の感想でした。

今回は同級生の過去が分かって、ちょっと親近感が湧いた気がします。

あやめはあまり多くを語りませんでしたが、物心ついた時からエージェントという発言は意味深ですね。

次回は、エージェントとの対決です。

プロのエージェント相手にエイトたちはどのような闘いを見せるのでしょうか?

次回も楽しみですね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました