君は008(ダブルオーエイト)1話の感想(ネタバレあり)!舞台はエージェント養成学校!

スポンサーリンク

いらっしゃいませ。

『君は008(ダブルオーエイト)』第1話「人生絶不調!」のネタバレありの感想です。

高校受験全敗の少年が唯一合格した高校。

実は、諜報員(エージェント)の養成学校でした。

『君は008(ダブルオーエイト)』1話のあらすじと感想

高校受験全敗の主人公

物語は主人公の明石エイトが高校受験で全敗したところから始まります。
お姉ちゃんが言うには、エイトは「別に成績悪い方じゃなかった」そうです。
エイトとしては、高校に行けないなんて思ってもいなかったかもしれませんね。

部屋で落ち込むエイトの元に、弟が郵便を持ってきます。
それは受けた覚えのない高校からの合格通知でした。

しかし、他に選択肢の無いエイトはすぐに入学手続きを済ませます。

もっと怪しめよ!
とも思いますが、中卒で働きに出るよりは全然良いと思ったんでしょうね。
実際は、働きに出た方が良かったかも知れないのに・・・

入学初日に謎の少女と出会う

入学式の日。
エイトは登校中に同じ制服を着た美少女を見かけます。

「自分と同じ新入生かなー」なんて考えていると、美少女がチンピラに絡まれ始めました。
止めに入るエイトですが、チンピラにボコられます。エイトは超弱いようです。

美少女はというと、慌てる様子も逃げる様子もありません。
エイトに「同じ高校よね、君」と話しかけてきます。

しかし、チンピラが彼女の顔をスマホで撮影しようとすると、表情が一変!
刀でチンピラのスマホを破壊し、蹴りと掌打を喰らわせます。
刀は、次の瞬間にはネクタイになっていました。
スイッチ一つで刀に変わるネクタイのようです。

「復讐の意志を完全にくじくためにとどめを」
と物騒なことを言い出す美少女を引っ張って、エイトはその場を離れます。

校舎への入り口がない?

学校の近くまで辿り着いたエイトたち。
チンピラのせいで、遅刻しそうです。
美少女によると、遅刻は即退学だそうです。めちゃくちゃ時間に厳しい!

焦って入口を探すエイトでしたが、学校は四方を高い塀に囲まれており、入り口は見当たりません。
そこで美少女が塀の前にある自販機に違和感を持ちます。
自販機に学生証をかざすと、入り口が現れました。

入り口から階段を下っていくと、雑なロープウェイのようなものがあります。
もの凄いスピードで、手すりから手を離したら落ちてしまう恐怖のロープウェイです。
移動中、美少女は城戸あやめと名乗ります。

エージェントの養成学校だった!

ロープウェイを降りて校庭に出ると、立派な校舎が見えます。
エイトはあやめに「ここってなんの学校?」と尋ねます。

「ここは「国立中野高校」。エージェントの養成学校よ。」
引用:『君は008』1話

なんとエイトが入学するのはエージェントの養成学校でした!
しかも、中野にあるんですね。

受けた覚えのないエージェントの養成学校から合格通知・・・
超怪しいですね。

校庭には地雷が・・・

校庭には新入生を試すために地雷が埋まっていました。
エージェント養成学校は校舎に入るのも命がけです。

校庭にはエイトたちの他にも生徒らしき人たちがおり、ロープや地雷探知機など、特殊な道具を使って校舎を目指しています。
エイトはその後継にひきながらも、憧れの高校生活や、家族の心配などを考え、入学式を目指して地雷原を突っ走ります。

けっこうな怪我を負いながらもなんとか、校舎の前に辿り着いたエイト。
他の生徒は、初日から大ダメージを負ったエイトを見下しているようでした。

そんな中、ナイフで地面を確かめながら、ノロノロと校庭を進む生徒の姿がありました。
彼のペースでは入学式に間に合いそうもありません。
あやめは「他人を助けている余裕はない」と、エイトに先を急ぐよう促しますが、エイトは彼を見捨てられない様子です。

エイトの父親との思い出

エイトは、亡くなった父親との思い出を語り始めます。

幼いエイトが、父親と公園にいる時のことです。
老人が、チンピラに絡まれている所に遭遇してしまいました。

エイトの父親は穏便に済ませようとしますが、エイトがチンピラの一人に頭突きをしてしまいます。
チンピラに反撃されて、頬をナイフで切られてしまうエイト。
それを見たエイトの父親は、鬼の形相でチンピラを瞬殺してしまいます。
エイトの父親は超強い!これはたぶんエージェント!

「何もできなかった」と落ち込むエイトに父親が言った言葉がエイトの心には深く残っています。

「エイト、確かに今のお前は、正義の心と正義の力との差がうんと大きい、でもな、その二つの差の事を人は・・・「勇気」って呼ぶんだ。父さんはお前にそれを持ち続けて欲しい。」
引用:『君は008』1話

エイトにとって、正義の心を捨てない事は亡くなった父親との「約束」だったのです。

エイトは遅れている生徒を助ける為に、再び地雷原に飛び込みます。

入学式!思ったよりヤバそうな学校だった!

何とか遅れている生徒を助け、入学式に間に合ったエイトたち。
あやめも、結局エイトに手を貸してくれていたので、けっこう良い奴っぽいです。

入学式では、この学校を卒業した生徒は「諜報員」になるという事が告げられます。
これを知らなかったのは恐らくエイトだけですが・・・

味方の諜報員を「エージェント」、敵の諜報員を「スパイ」と呼ぶそうです。
なので、エージェント養成学校なんですね。
現在のエージェントは、国を超えて世界の秩序の為に暗躍しているそうです。

暗躍って聞くとあんまり良いイメージないですが、本当に正義の存在なんでしょうか?

さらに入学式では「何人かは卒業前に命を落とす」、「学校を辞めた者、退学した者は即刻処理される」など物騒なワードが連発されていました。「処理」ってなんですかね・・・怖い。

「手違いで入学したんだから誤解を解いて解放してもらおう」
そう考えていたエイトは、なぜか校長から呼び出されます。

校長が黒幕だった!

校長は「アララギ」と名乗るダンディーな人物でした。

さっそく入学の取り消しを求めるエイトでしたが、アララギは自分がエイトを中野高校へ呼び込んだと言います。
その為に、エイトが受けた高校に根回しして全て不合格にさせていたのです。
さすがエージェント養成学校ですね!

エイトが中野高校に招かれた理由は彼の亡くなった父親でした。
エイトの父親は「超一流のエージェント」でアララギの元同僚だったのです。
エイトの父親とアララギは「いつかエイトをエージェントにする」という約束をしていたと言います。

校長が黒幕じゃあ逃げ場なしだ!

ここで、次回に続きます。

『君は008(ダブルオーエイト)』1話の考察

エイトはエージェントに向いてるのか?

エージェントの養成学校に入学することになったエイトくんですが、彼はエージェントに向いてなさそうですよね。

正義感が強くて、主人公らしい性格ですが、エージェントという目立っちゃダメそうな仕事で、体が勝手に動いちゃうタイプの人だと向いてなさそうです。

あと、チンピラにボコボコにされてましたが、あれが弱いふりではなくて本当に弱かったら戦闘でも苦労しそうですね。
しかし、強さについては地雷原を走り抜ける耐久力は持ってるみたいなのでまだ分かりません。

入学式の中で「エージェントの仕事は昔とは違う」みたいな話もあったので、エイトも素質はあるのかもしれませんが、最初から強いタイプではなさそうなので、クラスの最下位から徐々に評価を上げていくみたいな話になるのかなと思います。

なぜエイトをエージェントにしたいのか?

アララギは「エイトをエージェントにすること」がエイトの父親との約束だと言っていました。

エイトの回想シーンを見る限り、エイトの父親は、エージェントであることを家族に隠していた様子です。エージェントとはそういうものなのかもしれませんが、自ら家族をそっちの世界へ入れたがるような人にも見えませんでした。

エイトをエージェントにしたかったのには、何か理由がありそうです。

僕が思いつくのは次の2つです。

エイトの父親にはエージェントとしてやり残した仕事がある。それをエイトに継いでもらいたかった。

そもそもアララギが嘘をついている。超一流の血を継いでいるエイトの力を欲している。

まだ1話なので、勘もいいとこなんですが、エイトがエージェントの道に連れてこられた理由は物語の中で重要な意味を持っていると思います。

まとめ

『君は008(ダブルオーエイト)』第1話の感想でした。

諜報員(エージェント)養成学校が舞台のバトル漫画って感じでしょうか?

弱そうな主人公と、強そうなヒロインが登場しましたが、エイトは本当に弱いのかは気になります。

エージェントがテーマという事で、バトルだけでなく謎、ミステリの要素もたくさん出てくると嬉しいです。

次回以降の展開が楽しみです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました