呪術廻戦第109話「渋谷事変㉗」のあらすじと感想【ネタバレあり】

呪術廻戦109話呪術廻戦
スポンサーリンク

呪術廻戦第109話「渋谷事変㉗」のあらすじを振り返りつつ感想を綴っていきたいと思います。ネタバレを含みますので未読の方はご注意ください。

陀昆の領域展開を前に窮地に立たされた真希を救ったのは伏黒でした。ここから一気に形勢逆転といきたいところでしたが・・・

第108話「渋谷事変㉖」の記事はコチラ

呪術廻戦第109話「渋谷事変㉗」のあらすじと感想

領域の綱引き

伏黒の登場で窮地を救われた真希は、伏黒から渡された游雲で陀昆を攻め立てる。陀昆はガードするが、游雲による攻撃を無傷で防ぐことはできないようだ。

陀昆は、「死累累湧軍」の必中効果が消えている事に気づく。伏黒の領域が、陀昆の領域の効果を打ち消しているのだった。

しかし、伏黒は領域展開を維持するので精いっぱいな様子。陀昆を攻撃することは愚か、その場を動く事も難しそうだ。

そこで陀昆は、標的を真希から伏黒へと変えるのだった。

さる
さる

伏黒は特級を相手に領域を拮抗させるほどの力を付けていたのですね。さすがに長時間は厳しそうですが。

伏黒はバトルシーンの度に成長した姿を見せてくれますが、いったいどんな修行をしているのかも気になるところですね。

直毘人、七海が復活!

陀昆の攻撃が伏黒に放たれる。しかし、伏黒は動くことができない。そんな伏黒を救ったのは七海だった。

さらに直毘人も戦列に復帰し、陀昆に攻撃を仕掛ける。しかし、七海は左目、直毘人は右腕を失ってしまっている。

2人の復活によって、七海が伏黒を守り、直毘人と真希が陀昆を攻撃するという構図になった。勝機が見えかけてきたが、伏黒の領域展開が限界を迎えようとしていた…

さる
さる

七海と直毘人が生きていたのは良かったですが、流石に五体満足とはいかなかったようです。

直毘人は71歳らしいので、真希の父親ではなく爺ちゃんっぽいですね。彼はもっと強いかと思っていたのですが、年齢的にも全盛期は過ぎてしまっていたのでしょう。

伏黒の策

限界に見えた伏黒が七海に声をかける。

実は、伏黒の狙いは陀昆の領域を相殺する事ではなく、領域に穴を空けて全員で脱出する事だったのだ。全員で領域の外で戦えば勝機はあると、伏黒は考えていた。

伏黒の策を聞いた七海は、直毘人と真希に「集合!!」と号令をかける。言語を解する陀昆に悟られないよう、婉曲した表現での指示だったが、2人は即座に七海の意図を理解し、伏黒のもとへ駆ける。

さる
さる

ここはカッコいいシーンでした。七海の判断の速さと的確さ、直毘人と真希も「集合」の一言で、領域からの脱出という意図を汲み取る頭の回転の速さを見せてくれていい感じでした。

まさかの甚爾

陀昆は、直毘人と真希の動きを見て「伏黒の護りを固める」狙いだと考える。しかし、すぐに真の狙いに気づき、慌てて2人を追う。

しかし、直毘人と真希はすぐに伏黒の足下へ辿り着く。そこには領域の外へつながる穴が開いていた、そこに全員で飛び込めば脱出できる。

だが、そこで思わぬ事態が起こる。伏黒が空けた穴を通じて禪院甚爾が陀昆の領域に入ってきたのだ・・・!

さる
さる

特級の呪霊の領域展開の中という、思いもよらない場所で伏黒親子がご対面という驚きの展開になりました。

甚爾が真希が持っている游雲を使えば、陀昆を祓う事もできそうですが、すんなり味方になってくれるかは怪しいところです。

果たして、甚爾の目的は何なのでしょうか!?

コメント

タイトルとURLをコピーしました