呪術廻戦第108話「渋谷事変㉖」のあらすじと感想【ネタバレあり】

呪術廻戦
スポンサーリンク

呪術廻戦第108話「渋谷事変㉖」のあらすじを振り返りつつ感想を綴っていきたいと思います。ネタバレを含みますので未読の方はご注意ください。

陀昆の領域内に入ってしまった七海、直毘人、真希。必中となった陀昆の攻撃を凌ぎ、反撃に出る事はできるのでしょうか!?

第107話「渋谷事変㉕」の記事はコチラ

呪術廻戦第108話「渋谷事変㉖」のあらすじと感想

蕩蘊平線

陀昆の領域展開「蕩蘊平線(たううんへいせん)」。直毘人だけでなく、七海と真希も領域内に取り込まれている。

3人はすぐに魚の式神から攻撃を受ける。領域内の攻撃は必中となる為、七海と真希は回避できずダメージを受ける。

しかし、直毘人だけは格の違いを見せる。

御三家に伝わる対領域の術、「落花の情」で魚の式神を両断する。

さる
さる

「落花の情」は、必中の術式が触れた瞬間にカウンターで呪力を解放し、身を守る技だそうです。さすが御三家だけあって、領域展開への対処法も受け継がれているんですね。

死累累湧軍

陀昆は、小手調べの式神の攻撃で3人の実力を見定めていた。3人の対応を見て、直毘人に7、七海に3の配分で術式を解放する。

「死累累湧軍(しるるゆうぐん)」。

現れたのは魚の形をした大量の式神。それらが、一斉に直毘人と七海を襲う。

七海は回避できずに魚の式神に喰いつかれてしまう。直毘人は「落花の情」で式神を弾き返すが、襲い掛かる式神の勢いは一向に衰えない。

際限なく湧き出る式神こそが、術式「死累累湧軍」の効果だった。

大量の式神に視界を遮られた直毘人は、陀昆の拳を直で受けてしまう。吹き飛ばされた直毘人に、魚の式神が一斉に喰らい付く。

さる
さる

「死累累湧軍」は必中の式神が無限に湧き出る恐ろしい術式でした。七海と直毘人は式神に喰いつかれて安否不明に…直毘人は何とかしてきそうですが、七海は心配です。

そして、真希は攻撃されずに後回しにされるという屈辱的な扱いを受けています。真希には特級との戦いは荷が重そうです。

伏黒登場!

一人残された真希。

陀昆との実力差は圧倒的で、真希の攻撃は届かない。呪具もへし折られ戦況は圧倒的に不利であった。

先に伏黒恵と合流するべきだったと後悔する真希。するとそこで、伏黒が領域展開「嵌合暗翳庭」を発動し、陀昆の領域内に入ってきた。

伏黒は真希に向かって影を伸ばし、特級呪具「游雲」を渡す。

花御にも傷をつけた最凶の武器を得た真希。反撃なるか!?

さる
さる

伏黒が領域展開を使いこなせてる感じに驚きました(笑)

游雲を装備した事で真希の攻撃力は大幅にアップしましたし、伏黒のサポートもあれば多少の反撃はできそうですね。しかし、真希と伏黒では陀昆を撃破までは難しいのではないかなと思いました。直毘人と七海が無事に戦列に復帰してくれることを期待したいところです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました