呪術廻戦第106話「渋谷事変㉔」のあらすじと感想【ネタバレあり】

呪術廻戦第106話呪術廻戦
スポンサーリンク

呪術廻戦第106話「渋谷事変㉔」のあらすじを振り返りつつ感想を綴っていきたいと思います。ネタバレを含みますので未読の方はご注意ください。

脹相に敗れた虎杖、しかしそこで脹相に異変が起こります。一方、七海は禪院直毘人、真希と共に渋谷駅に突入しますが、そこで海の呪霊と遭遇するのでした・・・!

第105話「渋谷事変㉓」の記事はコチラ

呪術廻戦第106話「渋谷事変㉔」のあらすじと感想

虎杖の術式が発動?

脹相に敗れてしまった虎杖。その様子を伺っていた宿儺は虎杖の弱さに呆れている。しかし、脹相が虎杖に止めを刺そうとしたその時、宿儺にも想定がに事態が起こる。

突如、脹相が苦しみだしたのだ。

苦しむ脹相の脳内には「存在しないはずの記憶」が溢れ出していた。それは、虎杖が九相図兄弟の一員だった記憶だった。

脹相、壊相、血塗と虎杖の4人が幸せそうに食卓を囲んでいる映像が、脹相の脳内に浮かび上がる。その中で虎杖は、脹相のことを「兄ちゃん」と呼んでいた。

ありえない記憶に錯乱した脹相は、ふらふらとその場を立ち去っていく。

そして、気を失った虎杖の前に、美々子と菜々子が現れる。2人は虎杖を助けるつもりのようだ。菜々子の手には、宿儺の指らしきものが握られている。

さる
さる

脹相に起こった事と同じような現象が、過去に東堂にも起こっていましたよね。東堂はすぐさまその記憶に順応して、虎杖を「親友」と呼ぶようになりましたが、脹相にとっては、憎き弟の仇だと致命傷を負わせた相手が、愛すべき弟だったという矛盾で吐くほどの精神的ダメージを受けたのでした。

東堂の時は、ただ東堂が変人なのかと思っていましたが、脹相にも似たような現象が起こった事で、虎杖が何かしらの能力を発動している可能性が出てきたように思えます。本人は気を失っているので、無自覚なのでしょうが、敵に自分が大切な存在だと刷り込む能力というのはかなりえげつないですよね。

vs海の呪霊

一方、七海は禪院直毘人、真希と共に渋谷駅に突入し、呪霊と会敵していた。

七海たちが遭遇したのは、漏瑚や真人、花御と共にいた海の呪霊。七海と真希が構えた時には、既に直毘人が攻撃を仕掛けていた。面倒くさそうな態度を取りながらも、七海と真希の目にも止まらぬ速さで敵との間合いを詰めている。

直毘人はガラスの様な板に海の呪霊を閉じ込め、殴り飛ばす。殴られた海の呪霊は大量の骨を吐き出すのだった。多くの人々がこの呪霊に喰われたようだ。

苦しそうな様子の海の呪霊。「じょうごぉ」「まひとぉ」「はなみぃ」と涙ぐみながら仲間の名前を呼び始める。そして…

「よくも花御を殺したな」

「悲しみ」から「怒り」へと感情は変わり、海の呪霊は脱皮した。まだ受胎だったのだ・・・!

さる
さる

直毘人は「特別1級術師」という肩書ですが、普通の1級よりも抜き出た実力を持っていそうですね。

さらに1級の七海や天与呪縛の真希もいますが、それでも、特級の海の呪霊相手だと苦戦しそうです。単純な火力では分が悪いのではないでしょうか。

それでも、海の呪霊は呪胎から脱皮したばかりで戦闘経験が低そうなので、直毘人と七海が経験値の高さで上手く立ち回ってくれると良いなと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました