呪術廻戦第105話「渋谷事変㉓」のあらすじと感想【ネタバレあり】

呪術廻戦第105話呪術廻戦
スポンサーリンク

呪術廻戦第105話「渋谷事変㉓」のあらすじを振り返りつつ感想を綴っていきたいと思います。ネタバレを含みますので未読の方はご注意ください。

脹相との戦いで致命傷を負った虎杖。刺し違えても脹相を戦闘不能にしようと、渾身の一撃を打ち込みますが、脹相はその更に上を行くのでした・・・!

第104話「渋谷事変㉒」の記事はコチラ

呪術廻戦第105話「渋谷事変㉓」のあらすじと感想

虎杖の覚悟

脹相の赤血操術「血星磊」で肝臓を撃ち抜かれてしまった虎杖。
即座に致命傷を負ったことを理解し、敗北、そして死の恐怖が迫ってくるのを感じる。

しかし、虎杖は、すぐに自分の役割を理解する。仲間たちが五条の所へ行けるよう、ここで刺し違えてでも脹相を戦闘不能にすることだ。

恐怖を呪力に変えて雑念を振り払い、虎杖は再び戦闘態勢に入る。

さる
さる

もう飛び道具はないと油断してしまった虎杖の痛恨のミスで、一気に形勢が逆転してしまいました。

それでも、虎杖が死の恐怖を感じてから自分の役割を理解して切り替えるまでの時間はほんの一瞬でしたね。

以前、少年院で特級呪霊と遭遇した頃と比較して、虎杖の呪術師としての成長と覚悟を感じられた場面でした。

再び肉弾戦!

脹相の方にも、虎杖との肉弾戦のダメージは確実に入っていた。

長期戦は危険だと判断した脹相は、リスクを伴うが右拳に血液を強く凝固させ、一気に虎杖を攻め立てる。

虎杖は脹相の攻撃を防ぎながら、トイレの個室に逃げ込みドアを閉める。虚を突かれた脹相。虎杖が今更個室に避難した意図が分からず、一瞬動きを止める。

すると、すぐさま虎杖がドアを蹴破り脹相の顔面目がけてドロップキックを繰り出す。これは脹相に防がれるが、虎杖はそのまま両脚で脹相の体を挟み、腰を捻って脹相を吹き飛ばす。

さらに虎杖は、体勢を崩した脹相に右ストレートを撃ち込む。

さる
さる

脹相にも虎杖の攻撃は確実に効いていたようです。人間の体に受肉している分、耐久力はあまり高くないのかもしれません。

一方の虎杖は、致命傷を負ったにもかかわらず、冷静かつ大胆な戦いを魅せてくれましたね。ドアを蹴破りながらのドロップキックは虎杖らしい戦術だと思いました。

存在しない記憶

虎杖の右ストレートを防ぐ脹相、しかしそれは囮で、虎杖の狙いは初手以来使っていなかった左拳でのボディブロー。これが脹相のがら空き脇腹に直撃する。

しかし、脹相は虎杖の手を読んでおり、脇腹を血液でガードしていた。虎杖は右肩と腹に一発ずつ喰らい戦闘不能になる。

「あの世で弟達に詫びろ」

そう言って虎杖に止めを刺そうとする脹相。するとそこで、脹相の脳内に「存在しない記憶」が溢れ出すのだった。

さる
さる

虎杖は脹相に読み切られて完敗でした。脹相は強いですねー

そして、最後は脹相に異変が起きて終了しましたが、脹相の脳内に溢れ出た「存在しない記憶」とはいったい何なのでしょうか?

虎杖の中の宿儺が何か術をかけているとか、脹相が乗っ取った人間の記憶とかですかね?

また、虎杖が死にかけるのは少年院での事件以来ですが、今回はどうやって復活するのかも気になりますね!

コメント

タイトルとURLをコピーしました