呪術廻戦第104話「渋谷事変㉒」のあらすじと感想【ネタバレあり】

呪術廻戦第104話呪術廻戦
スポンサーリンク

呪術廻戦第104話「渋谷事変㉒」のあらすじを振り返りつつ感想を綴っていきたいと思います。ネタバレを含みますので未読の方はご注意ください。

脹相に苦戦する虎杖に、省エネモードから復帰したメカ丸が策を授けます!

呪術廻戦第104話「渋谷事変㉒」のあらすじと感想

メカ丸の策

虎杖に状況を問うメカ丸。
ここまでは省エネのため沈黙していたようだ。

虎杖の説明を待たず、脹相の姿を確認したメカ丸は「赤血操術カ!」と、状況を察した様子。

赤血操術は近・中・遠に対応できるバランスの良い術式で、さらに失血しない脹相には隙がないと言う。

しかし、メカ丸には1つ策があるようで、虎杖にトイレに逃げ込むよう指示する。

虎杖がトイレに逃げ込むと直後に「ガゴ」、「ゴゴ」と、異音が響く。虎杖が中で何かをしているようだ。

トイレから聞こえる異音と、突如あらわれたメカ丸の声に警戒心を抱く脹相。慎重に様子を伺おうとするが、トイレからメカ丸が煽る。

「来ないのカ!!弱虫なんだナ、弟と同じデ」

このメカ丸の煽りに怒る脹相は、鬼の形相で虎杖を追うのだった。

さる
さる

メカ丸の煽りがまるで敵側かと思うような凶悪なものでしたね。思えば、九相図の弟たちとの戦いの時も、釘崎が悪役の様な振る舞いを見せていました。

虎杖の土俵

脹相が突入すると、トイレの中は洗面台や便器、スプリンクラーが破壊され、そこら中から水が噴き出していた。

壁に貼り付いて煽っていたメカ丸を破壊する脹相。すると背後から虎杖が飛び出して襲い掛かるが脹相もすぐに反応して距離を取る。

脹相は再び「百斂」で血液を圧縮しようとする。

しかし、周囲から噴き出す水に血液が溶けだしてしまう。これがメカ丸の狙いで、脹相は体外での血液操作を封じられてしまった。

戦いは虎杖の土俵、近距離での肉弾戦に持ち込まれるのだった。

さる
さる

血液の浸透圧やらのメカニズムを利用するとは、メカ丸は頭がキレますね。同じ京都校の加茂が赤血操術を使うことから、ライバルとして彼の術式を研究していたのかもしれませんね。また、ここで虎杖が持っていたメカ丸は破壊されてしまいました。残るメカ丸はどこに配置されているのでしょうか。

致命傷を負う虎杖

近接戦闘で徐々に脹相を追い詰めていく虎杖、このまま勝てると勝利を確信しする。

しかし、その直後に脹相の反撃を受けてしまう。脹相は握りしめた拳の中で、水に溶け出さぬように血液を凝固し、撃ち出した。

そして、その血液の弾丸が虎杖の肝臓を貫くのだった!

さる
さる

近接戦闘に持ち込んだ所で勝負あったかと思いきや、虎杖が致命傷を負ってしまいました。仮に脹相に勝つことができたとしても、この後に控える漏瑚、真人、偽夏油といった強敵を退けることは難しいでしょう。虎杖が弱ることで、久々に宿儺の登場もあり得るかもしれませんね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました