『呪術廻戦』第97話「渋谷事変⑮」のあらすじと感想(ネタバレあり)

呪術廻戦97話呪術廻戦
スポンサーリンク

『呪術廻戦』第97話「渋谷事変⑮」のあらすじと感想です。

ネタバレを含みますので、未読の方はご注意ください。

降霊術によって禪院甚爾を口寄せしたイタコのババア。

圧倒的な甚爾の強さを前に、猪野は一気に窮地に陥ります・・・!

『呪術廻戦』第97話「渋谷事変⑮」のあらすじ

イタコのババアが口寄せした禪院甚爾を前に怯む猪野。その立ち姿だけで、甚爾の強さは充分に伝わってくる。攻撃に出ようとする猪野だったが、甚爾の動きに全く着いて行けず、一方的に殴られる展開に…

一方、ジジイの呪詛師と交戦中の伏黒と虎杖。ジジイの術式を見破った伏黒の作戦で、2人はフルパワーの攻撃を続けていたが、ジジイにダメージを与えることはできない。

ジジイの術式は敵の攻撃の威力を「あべこべ」にするというもの。術式発動中は強い攻撃ほど威力は弱くなり、弱い攻撃の威力は強くなる。

伏黒と虎杖は敢えて強い攻撃を繰り返して敵の術式に気付いていないフリをしていた。そして、隙を突いて伏黒の式神が「ほどほどの威力」の打撃を与える。ジジイの呪詛師が初めて明確なダメージを受けた。

そのまま一気に畳みかける虎杖と伏黒、最後は虎杖の「一人時間差パンチ」でジジイを撃破!

ここで次回へ続きます。

『呪術廻戦』第97話「渋谷事変⑮」の感想

猪野さん、絶体絶命…

この97話で、猪野のサイドが描かれたのは最初の3ページだけでした。しかし、その3ページで絶望的な程にボコられる猪野先輩…

流石に禪院甚爾は相手が悪過ぎたのか、最初の一撃で意識も失ってしまった様子でしたし、誰かの助けが入りでもしない限り猪野さんの命は助からなさそうです…それこそ禪院の爺さんとか助けに来てくれないかな。

虎杖&伏黒はジジイを撃破!

敗戦の色がかなり濃厚な猪野さんのサイドとは対照的に、虎杖・伏黒の後輩コンビはジジイの呪詛師をしっかりと撃破しました。

「あべこべ」の術式なんて伏黒はよく見破れましたね。術式の正体を知ってからの虎杖の理解の早さも素晴らしい。とどめの強パンチ→寸止め→弱パンチのコンボは、虎杖の戦闘センスが発揮されたシーンだと思います。

『呪術廻戦』第97話「渋谷事変⑮」まとめ

97話は猪野さんのボコられ方が衝撃的でした。

個人的には猪野さんの術式は面白いと思ったので、このまま大した見せ場もなく退場して欲しくはないですが、果たして彼は助かるのでしょうか…

また、この後の展開としては伏黒と禪院甚爾親子の再会、対戦が実現するかに注目ですね。現段階では戦闘になった場合、親父の方に分がありそうですが…どのような展開になるか楽しみですね!

コメント

タイトルとURLをコピーしました