『呪術廻戦』第95話「渋谷事変⑬」のあらすじと感想(ネタバレあり)

呪術廻戦95話呪術廻戦
スポンサーリンク

『呪術廻戦』第95話「渋谷事変⑬」のあらすじと感想です。

ネタバレを含みますので、未読の方はご注意ください。

「帳」を守る呪詛師との戦闘に突入した虎杖たち。

先手を取ることに成功し、敵を一気に倒してしまいたかった虎杖たちでしたが…

『呪術廻戦』第95話「渋谷事変⑬」のあらすじ

ビルの屋上で老婆と青年の呪詛師を相手にする猪野。降霊術「来訪瑞獣」を使って、攻勢に出る。先輩として、敵を瞬殺して虎杖たちと合流したいところ。対する呪詛師は、青年が前線に立ち、猪野の攻撃から老婆を守っている。老婆が呪文を唱える時間を稼いでいる様子。

一方、地上で老人の呪詛師と戦う虎杖と伏黒。伏黒の式神「玉犬」も加わった3人で、老人を攻め立てる。しかし、虎杖たちの攻撃をまともに喰らいながら老人にダメージを受けた様子はない・・・

再び、ビルの屋上。猪野は身を挺して老婆を守る青年を倒しきれずにいた。すると、老婆の詠唱が完了。老婆の術式は青年に(霊?)を降ろすものらしい。そしてなんと、青年の体に顕現したのは禪院甚爾だった・・・!

ここで次回に続きます。

『呪術廻戦』第95話「渋谷事変⑬」の 感想

猪野の術式が判明!

第95話では猪野の術式が判明しました。降霊術「来訪瑞獣」は、顔を隠すことで自らが霊媒となり、四種の瑞獣の能力を降ろし、使用できるようになるというもの。

瑞獣とは古代中国で、この世の動物たちの長だと考えられた霊獣たちのことだそうです。猪野が使っていた「獬豸」は一角の羊だそうなので、獬豸の角がそのまま降りてきた感じですね。

タフなジジイ呪詛師

虎杖と伏黒が相手にしているジジイの呪詛師は、驚異的なタフさを見せています。2人の攻撃をもろに喰らってもダメージを受けた様子がないのは、筋肉で覆われた肉体以外にも、何か秘密がありそうです。

あと、顔が達磨みたいで不気味ですね。虎杖は瞬殺できると踏んでいたようですが、思わぬ強敵なのかもしれません…

伏黒甚爾顕現?

第95話のラストで、青年の体に顕現したと思われる伏黒甚爾。老婆の術式は、他者の体に霊を降ろすというもののようですね。

猪野に圧倒されていた青年でしたが、甚爾の顕現後は獬豸を素手で止めてしまいました。青年が禪院甚爾の能力をそのまま得ていたのだとしたら、一気に形勢は逆転してしまうでしょう。

今回の猪野は死亡フラグっぽいセリフもちらほら見られたので、かなり心配です…

『呪術廻戦』第95話「渋谷事変⑬」まとめ

意外と強かった呪詛師3人組。猪野はともかく、虎杖と伏黒の方はアッサリと勝利するかとも思っていたのですが、ジジイもけっこう強敵でした。

そして、老婆の術式によって顕現した禪院甚爾。今のところ、人格が降りてきた感じは見受けられませんが、甚爾の人格も降りてきて、伏黒と再会みたいな展開になりそうな気配が漂ってます。

そうなる場合、猪野さんは無事ではない可能性が高そうですが・・・。猪野さん生きてくれ!

コメント

タイトルとURLをコピーしました