呪術廻戦第92話「渋谷事変⑩」のあらすじと感想(ネタバレあり)

呪術廻戦92話呪術廻戦
スポンサーリンク

『呪術廻戦』第92話「渋谷事変⑩」のあらすじと感想です。

ネタバレを含みますので、未読の方はご注意ください。

最強の呪術師、五条悟が遂に封印されてしまいました。

その事実を仲間たちに伝えるため、虎杖が走ります!

呪術廻戦第92話「渋谷事変⑩」のあらすじ

渋谷の地上では、改造人間が非術師たちを襲い始めていた。これを受け、待機していた呪術師たちも帳の中に突入する。しかし、それを待っていたかのように帳の外では補助監督たちが呪詛師に襲われ始める。

一方、追っ手をすり抜け、渋谷を目指して走る虎杖。こちらも帳の中に突入すると、ビルの上まで駆け上がり、大声で五条悟が封印されたと叫ぶ。ナナミンに向かって。

虎杖の声を聴いた七海は、非術師たちの救助を中断し、虎杖と合流することにする。彼曰く、五条悟の封印は「この国の人間全ての終わり」を意味するらしい。

その頃、夏油たちは獄門彊を動かせず、足止めを喰らっていた。獄門彊が「五条悟」という情報を処理するのに手間どっているらしい。虎杖によって状況がバレ、呪術師たちが総力を上げて五条奪還にやってくるのは時間の問題だ。

そんな中、真人は「宿儺の器」である虎杖の抹殺を提案する…

ここで次回に続きます。

呪術廻戦第92話「渋谷事変⑩」の感想

伊地知さんの安否は・・・

七海も言っていましたが、今回の渋谷事変で、呪術師サイドは常に後手に回っている状況です。第92話でも、帳の中に突入した呪術師たちの裏を突かれる形で、帳の外の補助監督たちが襲われ始めました。

最初の犠牲者はなんと伊地知さん、深手を負ったのは間違いなさそうですが、果たしてまだ生きているのでしょうか・・・

虎杖の身体能力・・・!

五条封印を呪術師たちに伝えるため、虎杖がとった手段は「ビルの屋上から叫ぶ」というもの。これは効果抜群で、一発で帳の中の呪術師全員に情報が伝わりました。

個人的に驚いたのは、虎杖が「壁キック」でビルの屋上まで登ってしまったこと。5階建てくらいのビルを「タタタタタ」って登り切ってしまう虎杖。彼の高い身体能力が存分に発揮されたシーンでした。

宿儺不要論

獄門彊を動かせず、渋谷駅のホームで呪術師たちを迎え撃つ形になりそうな夏油たち。彼らは、虎杖を殺すかどうかで揉めていました。

宿儺の復活のために虎杖は殺してはいけないと主張する漏瑚に対して、弟たちの仇である虎杖は許さんと主張する脹相。言い争う2人に割って入ったのは真人ですが、彼も「虎杖抹殺派」に転じます。

最強の五条を封印した今、宿儺などいなくても、呪術師たちに勝つことができるというのが真人の意見。本心はただ単に虎杖を殺したいだけな気がしますが、真人の意見は割と的を射ているような気もします。そもそも宿儺を復活させたら真人たちも無事で済むか分からないですしね。

呪術廻戦第92話「渋谷事変⑩」のまとめ

第92話では、いよいよ待機していた七海たちも動き出し、呪術師vs呪霊の全面対決が始まった感じがします。五条悟の封印は日本の終わりと弱気なことを言っていましたが、 七海も久々に活躍してくれるでしょうか。

また、 新キャラも多い中でどのような戦いが見られるか楽しみです。一方、今回見られるかと期待していた冥冥さんの戦闘シーンはするっとすっ飛ばされてしまいました。こちらもどんどんハードルが上がっていきますね(笑)

次回も楽しみです!

コメント

タイトルとURLをコピーしました