呪術廻戦第85話「渋谷事変③」のあらすじと感想(ネタバレあり)

呪術廻戦85話呪術廻戦
スポンサーリンク

『呪術廻戦』第85話「渋谷事変③」のあらすじと感想です。

ネタバレを含みますので、未読の方はご注意ください。

「まずは花御を祓う」と、宣言して反撃に出た五条。

呪霊たちの策略で「術式」を封じられた五条ですが、術式抜きでもめちゃくちゃ強いのでした・・・!

呪術廻戦第85話「渋谷事変③」のあらすじ

五条の狙い

花御を祓う宣言をした五条は、なぜか漏瑚に攻撃を仕掛けます。しかも、無下限呪術を解除して、単純な呪力操作と体術による肉弾戦に持ち込みます。それでも五条の強さは、特級の呪霊たちを圧倒していて、漏瑚はアッサリと腕をもがれてしまいました。

花御が攻撃を仕掛けてもそれを軽くいなして再び漏瑚を追いかける五条。その様子を見て、花御は「五条がまず自分を祓うと言ったのはブラフで、本当は漏瑚狙い」だと推察します。しかも、無下限の術式を解除した五条には術式で攻撃すればいいと判断。術式での攻撃に転じる為に「領域展延」を解いてしまいます。

しかし、花御の行動は全て五条の狙い通りでした。漏瑚がそれに気づいて「展延を解くな!!」と叫びますが時既に遅し…

花御撃破

花御が「領域展延」を解いた瞬間、満面の笑み(怖い)で振り返る五条。呪霊たちは生得術式と領域展延を同時に発動できないと読んでいた五条は、花御に領域展延を解かせるために、わざと無下限術式を解き、漏瑚を狙うフリをして花御に背を向けていたようです。すぐさま標的を漏瑚から花御に切り替えて襲い掛かります。

花御に飛びついた五条。すぐさま花御の弱点である「両目から生えている樹」を掴むと、ドリュリュリュっと引っこ抜いてしまいます。どちらが悪人か分からない構図です。

漏瑚と花御は再び「領域展延」を発動して五条に殴りかかりますが、五条も術式を発動。深手を負った花御は、五条の術式を中和しきれず押し潰されそうになります。

それを見た漏瑚が、矛先を非術師に向けて五条を止めようとしますが、その脅しは通用しませんでした。そのまま花御は五条の術式に潰されて消滅します。

真人の気配

虎杖たちは、明治神宮前駅に到着し、現場の状態について説明を受けていました。

明治神宮前駅も渋谷駅と同様、駅全体を覆う「非術師を閉じ込める帳」が張られています。しかし、副都心線のホームには「術師を入れない帳」が張られているそうです。

さらに帳と帳の間の領域には、改造された人間がいるとの情報が・・・

真人の気配を感じ、虎杖の表情が変わります・・・!

呪術廻戦第85話「渋谷事変③」の感想

一般人を盾に、五条の「術式」を封じた呪霊たちの作戦は上手くいっていましたが、五条が術式なしでも自分たちより強かったという事は予想外だったかもしれませんね。また、花御がやられそうになった時に、咄嗟に非術師を人質にしようとした漏瑚の行動は凄く人間っぽい印象を受けました。人間にとって代わろうとする意識が強い漏瑚ですが、やはり人間の恐怖心から生まれているだけあって、憎むべき人間と紙一重なところもあるのかもですね。

また、『呪術廻戦』がアニメ化決定したそうです。まだ連載始まって1年半なのに凄いですね!

今から放送が楽しみです!

コメント

タイトルとURLをコピーしました