呪術廻戦第77話「玉折-弐-」のあらすじと感想(ネタバレあり)

呪術廻戦77話呪術廻戦
スポンサーリンク

『呪術廻戦』第77話「玉折-弐-」のあらすじと感想です。

ネタバレを含みますので、未読の方はご注意ください。

呪術師として、非術師を守ることに迷いを感じ始めた夏油。

特級呪術師の九十九との会話や、仲間の死が、夏油の心をさらに非術師から遠ざけていきます。

そして遂に、夏油が人の道を外れるときが訪れます…

呪術廻戦第77話「玉折-弐-」のあらすじ

特級呪術師・九十九由基

「どんな女が好みかな?」

そう夏油に問いかけてきた女性は、特級呪術師の九十九由基と名乗りました。その名前には聞き覚えがある夏油。彼女は「特級の癖に任務を全く受けずに海外をブラブラしているろくでなし」として、高専では有名だったようです。

『呪術廻戦』第77話より引用

九十九は、任務を受けないのは高専と方針が合わないからだと言います。呪霊を祓うことで人々を救う「対処療法」ではなく、そもそも呪霊が生まれないようにする「原因療法」を追求したいのだそうです。

人間から漏出した呪力から生まれる呪霊。それを生まれないようにするには「全人類から呪力をなくす」または「全人類が呪力のコントロールを習得する」という2パターンがあると言う九十九。その内、前者は、禪院甚爾(伏黒の父の名前がここで判明しました)という最高のモデルケースが死亡したため断念。

九十九の本命は「全人類が呪力のコントロールを習得する」=全人類が呪術師になる、に移りました。呪術師は非術師と比較して呪力の漏出が極端に少ないため、呪術師から呪霊は生まれないのでそうです。

それを聞いた夏油が最初に思いついたことは「非術師を皆殺しにすればよい」というものでした。九十九は、その方法が一番簡単だと認めますが、さすがにそこまでやるほどイカれてはいないと言います。

夏油は九十九に、非術師を見下す自分とそれを否定する自分、どちらが本音なのか分からなくなっていると告白します。それを聞いた九十九は、夏油を窘めることはせず、どちらが本音かはこれから夏油自身が選択するのだと言うのみでした。

呪術師というマラソンゲーム

夏油が九十九と出会った何日か後、灰原と七海が遠征から帰ってきました。灰原は遺体で、七海も重傷を負っています。討伐対象の呪霊のレベルが想定外に高かったのです。

『呪術廻戦』第77話より引用

「任務は五条が引き継いだ」と夏油に告げられ、「もうあの人1人で良くないですか?」と皮肉を漏らしてしまう七海。夏油は何も答えられません。

死ぬまで呪霊を祓い続ける「呪術師」というマラソンゲーム。見ず知らずの非術師を助ける為に、自分を慕っていた後輩が命を落とす結果となってしまいました。このゲームの果てに待つのは仲間の屍の山だとしたら?…夏油の心は着実に「本音」を選び始めていました。

呪詛師・夏油傑

2007年9月、夏油はある村落での変死事件や神隠しを起こしていた呪霊の祓除に派遣されます。

呪霊を祓った夏油は、村人に監禁され、痛めつけられていた2人の少女を発見します。呪霊の存在を知らない村人は、その少女たちが災いの原因だとして監禁していたと言いますが、夏油は「違います」と断定します。少女たちをなじる村人たちの言葉は、すでに夏油には「人間の言葉」には聞こえていないようです。

自分の本音を選択した夏油は、そのむらの住人を殺して逃走。呪詛師として呪術師たちに追われる身になるのでした。

呪術廻戦第77話「玉折-弐-」の感想

前話に引き続き、夏油が呪詛師となってしまった過程が描かれました。最初の頃はただのイカレた奴かと思っていた夏油ですが、そうなるまでにはかなりの葛藤があったんですね。この話を読むと、夏油の考え方は至極真っ当なような気もしてしまいます。むしろ夏油に賛同して高専を抜けていく呪術師があまりいないのが意外かも。

今回登場した、特級呪術師の九十九は、謎の多いキャラクターでした。夏油に、非呪術師を排除する自分を正当化する理由を与えに来たようにも見えなくはない気がします。でも東堂を見出したのも彼女っぽいし、いったいどういうポジションなんでしょう。

また、最後の村落のシーンで、少女たち以外の村人のセリフが「■■■■■」みたいになっている所をみてゾッとしました。この時、既に夏油の中で非術師は「人間」というカテゴリーから外れてしまっていたんだなと。言っている事の意味は分かるけど「言語」には聞こえないと。上手いし、怖い表現ですね…

コメント

タイトルとURLをコピーしました