呪術廻戦第62話「起首雷同-捌-」のあらすじと感想(ネタバレあり)

呪術廻戦62話呪術廻戦
スポンサーリンク

『呪術廻戦』第62話「起首雷同-捌-」のあらすじと感想です。

ネタバレを含みますので、未読の方はご注意ください。

黒閃を発動し、九相図兄弟の弟、血塗を倒した釘崎。

兄の壊相は退却しようとしますが、ゾーンに入った釘崎の追撃が止まりません。

八十八橋での激闘がいよいよ決着します!

呪術廻戦第62話「起首雷同-捌-」のあらすじ

壊相の逃走

血塗の死に涙を流す壊相。

想定外の壊相の涙に、虎杖の追撃の手が止まります。

一方、釘崎も、血塗の肉体が消滅しない(呪霊ではなく肉体がある)ことに動揺し、動きを止めていました。

その時、2人の背後から軽トラックが通り抜けます。

壊相は、トラックの荷台に飛び乗り、運転手を脅して逃亡を図ります。

傷を癒し、血塗の仇を討つために、今は退くことを決断したのです。

『呪術廻戦』第62話より引用

渾身の「共鳴り」!!

壊相を追う虎杖。

釘崎は、虎杖が吹っ飛ばした壊相の腕に釘を打ち込みます。

藁人形を使った本来の「共鳴り」です。

さらに、黒閃を決めた直後で、ゾーンに入っている釘崎の術式は渾身の一撃となります。

『呪術廻戦』第62話より引用

「クソ・・・がぁ」

共鳴りを喰らって、トラックの荷台から転落する壊相。

そこに追いついた虎杖がとどめの一撃を打ち込むのでした。

九相図の長兄、脹相

壊相と血塗の兄、脹相は、真人、夏油とボードゲームに興じていました。

その途中で、脹相は弟たちの死を感じ取ります。

『呪術廻戦』第62話より引用

「受肉体ならまだしも、2人が指1本分の呪霊にやられるとは思えん」と、訝る脹相。

そこで、夏油のスマホに報告が入ります。すぐに脹相と真人に知らせる夏油。

「壊相・血塗を殺したのは、呪術高専1年、虎杖悠仁とその一派だ」

これを聞いて、表情を一変させたのが真人。

殺意溢れる満面の笑みを浮かべるのでした・・・

呪術廻戦第62話「起首雷同-捌-」の感想

九相図兄弟との戦いがいよいよ決着しました。

結果的に、虎杖たちは、八十八橋の呪いを含めた3体の「特級」を、1年生3人で倒すという、素晴らしい戦果を挙げることになりました。特に釘崎は「黒閃」まで発動させる急成長っぷりを見せましたね。

一方、壊相については、兄弟への深い愛情をもっている、不要な殺生はしないなど、今までの呪いたちとは少し違った特性を持っていました。宿儺の指の回収も、真人のお遣いで来ていただけだったので、出会い方が違えば、虎杖たちと殺し合う必要まではなかったのかもしれません・・・

なかなか強烈なキャラクターだったので、もう少し見たかった気もします。

コメント

タイトルとURLをコピーしました