呪術廻戦第61話「起首雷同-漆-」のあらすじと感想(ネタバレあり)

呪術廻戦61話呪術廻戦
スポンサーリンク

『呪術廻戦』第61話「起首雷同-漆-」のあらすじと感想です。

ネタバレを含みますので、未読の方はご注意ください。

自分たちの血を取り込んだ敵を腐食させる、かなり危険な呪術を使う九相図兄弟。

しかし、釘崎の芻霊呪法は、相性が良かったようです。

毒への耐性が半端ない「宿儺の器」とともに反撃開始です!

呪術廻戦第61話「起首雷同-漆-」のあらすじ

虎杖と釘崎の反撃

自分たちの血を取り込んだ相手を腐食させてしまう、蝕爛腐術「朽」。

壊相、血塗の九相図兄弟は、この「朽」を発動した時点で勝負は決まったと考えたかもしれません。

しかし、虎杖&釘崎のコンビは、九相図兄弟にとって相性が最悪な相手だったようです。

まずは釘崎が、芻霊呪法「共鳴り」で反撃に出ます。

「共鳴り」、欠損した対象の一部に呪力を打ち込み、対象本体にダメージを与える術式です。

釘崎も毒の痛みで動けませんが、壊相と血塗も、共鳴りの激痛で動きを止められてしまいます。

『呪術廻戦』第61話より引用

そんな中、唯一動けるのが虎杖です。

呪いの王、両面宿儺の器である虎杖は、あらゆる毒に耐性があります。

術式の効果である分解の痛みはあっても、毒で動きが止められることはないのです。

虎杖は、血塗をタコ殴りにします。

黒閃発動!

虎杖に弟をボコボコにされて怒る壊相。

共鳴りの痛みに耐えて、釘崎に襲い掛かります。

そこで、虎杖と釘崎がポジションをチェンジ。

虎杖が壊相、釘崎が血塗に対峙します。

痛めつけられた血塗の姿を見た壊相は、無意識に「朽」を解除し「翅王」を発動し、釘崎を狙います。

弟を守る為の咄嗟の判断でしたが、これは悪手でした。

毒の痛みが晴れ、集中力が研ぎ澄まされた釘崎。

釘崎に「翅王」が届く前に、壊相を仕留めようと集中する虎杖。

お互いが極限まで集中した2人は、同時に「黒閃」を発動させるのでした。

『呪術廻戦』第61話より引用

血塗を撃破!

虎杖に肩を吹き飛ばされた壊相。

かなりの深手のはずですが、案ずるのは自分より弟の無事です。

(死ぬな!!弟よ!!)

その思いに応えるかのように、血塗が起き上がり、背を向けた釘崎に襲い掛かります。

しかし、釘崎は動じることもなく、術式を発動させます。

『呪術廻戦』第61話より引用

「簪」

打ち込まれた簪が、血塗を貫くのでした。

「心配しなくても、すぐに兄貴も送ってやるわ」

残る敵は壊相のみです!

呪術廻戦第61話「起首雷同-漆-」の感想

釘崎が今までで一番活躍した回かもしれませんね(笑)

黒閃まで発動させてしまうとは…

黒閃をキメると、呪術師としての能力も開花するっぽいですから、釘崎がここから覚醒していくかもしれません。

戦闘面でも大活躍の釘崎でしたが、最後のセリフといい、どっちが悪役か分からない感じも良かったです(笑)

コメント

タイトルとURLをコピーしました