呪術廻戦第52話「規格外」のあらすじと感想(ネタバレあり)

呪術廻戦52話呪術廻戦
スポンサーリンク

『呪術廻戦』第52話「規格外」のあらすじと感想です。

ネタバレを含みますので、未読の方はご注意ください。

高専と真人の一味が各地で戦闘を繰り広げる中、遂に五条が帳を破ります。

圧倒的な強さで、次々と敵を蹴散らす五条。

しかし、真人は既に目的を果たしていたようです・・・

前回のあらすじはこんな感じです↓↓↓

第51話「供花」

呪術廻戦第52話「規格外」のあらすじ

侵入者vs高専教師陣

楽巌寺は、帳を張った呪詛師(鞣造という名前らしい)と戦っていました。

エレキギターで奏でた旋律を増幅させ、呪力として打ち出すのが楽巌寺の戦闘スタイルです。しかし、鞣造にはあまり効いていない様子。

「加齢臭たっぷりの財布を作ろう」と、余裕の笑みを浮かべる鞣造。

一方、京都校の引率、歌姫先生のもとにも、新手の呪詛師が襲い掛かります。

鞣造に造ってもらったと言う不気味な剣を振り回す呪詛師の男。するとそこに釘崎と真依が登場。2人は相変わらず険悪な様子ですが、3対1と有利な状況になります。

『呪術廻戦』第52話より引用

不利な状況にも「女の子がいっぱい」と嬉々としていた呪詛師の男ですが、そこで帳が解除されると表情を一変させ、一目散に逃げて行きました。

規格外の五条

帳を解除し、上空から戦況を見下ろす五条。

すぐに虎杖のレベルが格段に上がっていることに気付きました。特級の花御を相手にしているにも関わらず、そちらは心配いらないと判断します。五条が最初に向かったのは、楽巌寺と鞣造のところです。

五条でハンガーラックを作る気の鞣造は、彼の姿を見るなり「ラック!ラック!」と言いながら襲い掛かります。しかし、五条に一瞬で両手両足を潰され、戦闘不能に。

続いて、花御を狙う五条。やや距離がある敵に対し、五条は術式順転「蒼」と術式反転「赫」を発動…

その頃、五条の出現を知った花御は退却しようとしていました。虎杖が追いかけようとしますが、東堂に止められます。花御に近づくと、五条の攻撃に巻き込まれてしまうからです。

五条が2つの術式を合わせて放ったのは虚式「紫」

『呪術廻戦』第52話より引用

もの凄い衝撃波が通り過ぎ、虎杖たちの前の地面は大きくえぐられていました。規格外の攻撃に、花御が跡形もなく祓われたのか、逃げおおせたのかも分かりません。

真人は目的達成?

鞣造は戦闘不能、もう一人の呪詛師は逃亡、花御は生死不明。

一人で侵入者をほぼ壊滅させてしまった五条ですが、これで一件落着ではないことを彼自身もよく分かっていました。

花御や呪詛師たちはあくまでも囮だったようです。その裏では真人が密かに目的を果たしていました。

『呪術廻戦』第52話より引用

高専から何かを盗み出した様子の真人…果たして彼の目的は何だったのでしょうか?

呪術廻戦第52話「規格外」の感想

五条先生が相変わらずの無敵っぷりを発揮した第52話でした。歌姫、真衣、釘崎に囲まれても余裕綽々だった呪詛師の男が、あっさり逃げ出したり、虎杖たちとの戦いでかなりテンションが上がっていたであろう花御ですら逃げ出すほどですから、彼の強さが抜きんでている事が分かりますね。

その点、五条の姿を見るなり襲いかかった鞣造は、相手の強さも分からないほど弱いのか、頭がおかしいのか…後者っぽいですね…

また、虎杖たちが必死に戦っている裏で高専から何かを盗み出たっぽい真人。五条の封印のために必要な物とかでしょうか?

五条も真人の存在に気付いているっぽいので、次回は五条vs真人が見られるかもですね!

コメント

タイトルとURLをコピーしました