呪術廻戦第51話「供花」のあらすじと感想(ネタバレあり)

呪術廻戦51話呪術廻戦
スポンサーリンク

『呪術廻戦』第51話「供花」のあらすじと感想です。

ネタバレを含みますので、未読の方はご注意ください。

黒閃を発動して「ゾーン」に入った虎杖と、術式を解禁した東堂が花御を追い詰めます。

しかし、戦いの愉悦に目覚めた花御も簡単には祓われません。

戦闘が激しさを増す中、遂にあの男が登場します!

前回のあらすじはこんな感じです↓↓↓

第50話「予感」

呪術廻戦第51話「供花」のあらすじ

0.01秒の妄想

東堂の術式発動に合わせて、入れ替え先に攻撃をするなど、不義遊戯に慣れ始めた花御。

花御は、虎杖の黒閃ラッシュで深手を負いつつも、萎えることのない戦いの愉悦を感じていました。虎杖と東堂目掛けて「呪いの種子」を放ちます。

すぐに術式を発動して、虎杖と花御の位置を入れ替えた東堂。不義遊戯は自分以外の者同士でも入れ替えが可能なのでした。虎杖を「呪いの種子」から逃がし、東堂自身は呪力を纏って防御態勢を作ります。

「呪いの種子」が東堂に噛みつく直前、東堂は0.01秒の妄想タイムに入ります。

『呪術廻戦』第51話より引用

妄想の舞台は、高校の教室。東堂に話しかけるのは、彼が追っかけをしているアイドルの高田ちゃんです。高田ちゃんは、伏黒に噛みついた「呪いの種子」が少し成長していたことを指摘します。そこから東堂は「呪いの種子」が呪力を糧に成長することに気付き、呪力を解除しました。

東堂の体に噛みついた「呪いの種子」は成長することができず、大したダメージを与えられないまま祓われてしまいました。

不義遊戯の対象は…

虎杖、東堂、花御は戦いながら、伏黒たちと別れた河原まで戻ってきていました。

東堂が狙って戻ったのです。

不義遊戯で入れ替えることができる対象は生物に限らず、術式範囲内にある「一定以上の呪力を持ったモノ」。そして、川の中には真希の特級呪具「游雲」が眠っています。

『呪術廻戦』第51話より引用

虎杖と游雲を入れ替えた東堂は、特級呪具に自らの呪力を上乗せし、花御の顔面の樹を殴打します!

他と比べて格段に脆い顔面の樹を狙われて、かなりのダメージを負った様子の花御。しかし、まだ仕留めきることはできませんでした…

五条が登場!

いよいよ本当に追い詰められた花御は奥の手を使います。

花御の右腕には、植物の命を奪い呪力に変換する能力があります。そして、その呪力は全て右肩の「供花(くげ)」へと送られます。

周囲の植物の生命力を吸い、開眼する供花。不気味な瞳の先に、とんでもない呪力出力の玉が現れました。丈夫さが売りの虎杖や東堂でも、喰らったらまずい威力であることは間違いなさそうです。

さらに、切り札を確実に当てる為、領域展開を発動しようとする花御。

しかし、その時、帳が破られ、頭上に空が広がります…

そこに現れたのは五条悟。眼帯を取って既に臨戦態勢です!

『呪術廻戦』第51話より引用

呪術廻戦第51話「供花」の感想

東堂が高田ちゃんの妄想でピンチを切り抜けたシーンは、らしくて良かったです。シチュエーションは意味分からなかったですが、意味分からないのに強いのが東堂の怖い所です。

不義遊戯も自分以外の者や、生物以外も入れ替えられるとあって、応用の幅も広そうです。

そして、ラストで久々に開眼した五条先生が登場しました!

かなり怒ってそうですが、今回の真人たちの狙いは五条先生でしょうから、何かしら罠を張られている可能性も高いです。怒りで冷静さを失っている所をアッサリ封印されたりしないか心配ですね…

コメント

タイトルとURLをコピーしました