呪術廻戦第49話「窮屈」のあらすじと感想(ネタバレあり)

呪術廻戦49話呪術廻戦
スポンサーリンク

『呪術廻戦』第49話「窮屈」のあらすじと感想です。

ネタバレを含みますので、未読の方はご注意ください。

一度キメることができれば呪力の核心に近づけるという奥義「黒閃」。

東堂に見守られる中、花御を相手に「黒閃」を発動することに成功した虎杖。パワーアップした虎杖と東堂のコンビで花御を倒すことが出来るでしょうか!?

前回のあらすじはこんな感じです↓↓↓

第48話「黒閃」

呪術廻戦第49話「窮屈」のあらすじ

呪力の「味」を理解した虎杖

「黒閃」を発動し、呪力の感じ方に変化を感じる虎杖。

『呪術廻戦』第49話より引用

「呪力の“味”を理解したんだ」と、東堂は言います。今までの虎杖は、味も知らない食材(呪力)で料理をしていたようなもの。黒閃を経た虎杖は、シェフ(呪術師)として別次元に立っているそうです。

しかし、黒閃を喰らった花御も、すぐに腕を再生して体勢を立て直します。

「治んのか!!」と、驚く虎杖。

東堂は「特級となればあの程度の怪我はわけないさ」と冷静です。それでも、呪力は削れるし、急所を潰せば勝てると言う東堂。今度は2人で花御を倒しにかかります。

花御の本気

黒閃と、東堂の只者じゃない雰囲気に警戒心を抱く花御。

袋から左腕を出して、本気モードになります。

『呪術廻戦』第49話より引用

花御は巨大な樹木を出現させて攻撃し、2人はその樹の上で花御と戦います。2人の攻撃は花御にダメージを与える威力を備えていましたが、突然足場の樹木を消され、宙に放り出されてしまいました。

あまりに巨大な樹木だったため、実物を呪力で操っていると考えていた東堂でしたが、花御は自らの呪力のみで巨大な樹木を具現化していたのでした。

落下中の無防備な虎杖と東堂に、花御は追撃を仕掛けます。しかし、その攻撃をお互いの足の裏を蹴り合って躱す2人。攻撃を躱した2人に感心しつつ、花御は自分の中に不思議な感情が湧いてくるのを感じます。

本能と理性

花御は、真人との会話を思い出していました。

花御は、真人から「戦いをもっと楽しんだ方が良い」と言われていました。「理性」を獲得し、組織で動けるようになった呪いたちですが、花御は少し「本能」を抑え過ぎていると言うのです。

『呪術廻戦』第49話より引用

本能を解放すれば、花御はもっと強いはず。真人はそうも言っていました。

真人の言葉を思い出し、戦いを楽しみ始めた花御は、徐々に虎杖たちを圧し始めます。

そんな花御を相手に、東堂が術式を解禁する(既に1回使ってる)と宣言するのでした!

呪術廻戦第49話「窮屈」の感想

黒閃を発動させた虎杖は、花御ともまともに戦えてしまう程強くなりました。東堂が一緒だったとはいえ、加茂、狗巻、伏黒が逃げながら戦っていた相手に真っ向勝負で張り合えています。少年院で名もなき特級呪霊にボコられていた頃とは比較にならない程強くなっていそうですね。

しかし、花御も本能を解放してその実力を発揮し始めているようなので、まだまだどちらに転ぶか分かりません。そして、真人や帳を張った呪詛師が何をしているかも気になりますね!

コメント

タイトルとURLをコピーしました