【呪術廻戦】第43話のネタバレと感想・考察!団体戦に奴らが侵入!

呪術廻戦43話呪術廻戦
スポンサーリンク

『呪術廻戦』第43話「京都姉妹校交流戦-団体戦10-」のネタバレと感想・考察です。
ネタバレがあるので未読の方はご注意を!

真希と真依の禪院家姉妹対決は、真希に軍配が上がります。

第43話では、伏黒vs加茂のバトルが見られるほか、ついに奴らが団体戦の会場に侵入してきます。京都交流会編は波乱の展開を迎えそうです!

前回のあらすじはこんな感じです↓↓↓

第42話「京都姉妹校交流戦-団体戦9-」

伏黒vs加茂

第43話は、伏黒vs加茂からスタートします。

自身の血と、それが付着した物を操る「赤血操術」という術式を持つ加茂。少量の血を付けた矢の軌道を自在に操り、伏黒を狙います。

対する伏黒は、トンファーと、東堂との戦いで見せた「蝦蟇」+「鵺」の式神で矢を防いでいました。伏黒の術式は「十種影法術(とくさのかげほうじゅつ)」という、禪院家送電の術式の一つらしい。伏黒が使える式神は十種類ということのようです。

『呪術廻戦』第43話より引用

加茂はさらに、体内の血液を操作して身体能力を強化する「赤燐躍動」という技を発動。スピードとパワーが格段にアップした加茂の攻撃に、伏黒はやや押され気味になります。

狗巻に迫る怪しい影

場面が切り替わり、森の中で独り立ち尽くす三輪が登場。

真希に刀を奪われ、そのまま放置されていたようです。そんな三輪のスマホにメカ丸から着信が。なんの疑いもなく電話に出る三輪でしたが、相手はメカ丸ではなく狗巻でした。

「眠れ」の一言で、三輪はリタイア。呪言にはかなり警戒していたハズの京都校ですが、三輪は刀をとられて集中力が切れていたかもですね。

三輪をリタイアさせて、一仕事終えた狗巻でしたが、森の奥から異様な気配を感じとり身構えます。

『呪術廻戦』第43話より引用

木の陰から現れたのは、2級どころか準1級の呪霊。

この呪霊は、京都の学長が密かに団体戦の会場に放っていたらしい。虎杖をより確実に殺すための駒であり、加茂は学長からこいつの存在を知らされていたようです。

合図があるまで大人しくするように躾けてあると、学長は言っていましたが、準1級が暴れ出したら虎杖以外の生徒にも危害が及ぶ可能性もあります。虎杖を殺す為ためなら手段を選ばないようです。

真人たちが会場に侵入

狗巻の前に姿を現す準1級の呪霊。

しかし、その呪霊はすでに首だけになっていました。消滅する呪霊の後ろから現れたのは花御。狗巻は戦闘態勢に入ります。

『呪術廻戦』第43話より引用

そして、会場には真人の姿もありました。新手の呪霊(?)を連れています。

狗巻vs花御という予想外の展開になりました。実力的には恐らく花御の圧勝ではないかと思われますが・・・

また、真人が連れてたスキンヘッドの呪霊(?)がめちゃくちゃ気になります。五条先生でハンガーラックを作るとか言ってますが、彼も漏瑚とかと同じ自然から生まれた呪霊なのでしょうか?

『呪術廻戦』第43話のネタバレと感想・考察まとめ

『呪術廻戦』第43話のネタバレと感想・考察でした。

真人たちの計画上、交流会のどこかで仕掛けてくるのは分かっていましたが、予想より早かったです。個人的にはもうちょっと団体戦を見ていたかった気もします。

でも特級呪霊たちの襲撃にあえば、交流会どころではなくなるでしょうね。次回からは波乱の展開になりそうな予感です。


コメント

タイトルとURLをコピーしました