【呪術廻戦】第41話のネタバレと感想・考察!釘崎vs西宮が決着!

呪術廻戦41話呪術廻戦
スポンサーリンク

『呪術廻戦』第41話「京都姉妹校交流戦-団体戦8-」のネタバレと感想・考察です。
ネタバレがあるので未読の方はご注意を!

前回のあらすじはこんな感じです↓↓↓

第40話「京都姉妹校交流戦-団体戦7-」

三輪のシン・陰流「簡易領域」を難なく破り、刀も奪って優位に立つ真希。一方で、空中から攻撃する西宮に苦戦する釘崎。「理不尽と戦う真衣」の話を始めた西宮に対し、釘崎のイライラは頂点に!

『呪術廻戦』第41話の要点ネタバレ

まずは『呪術廻戦』第41話の要点(ネタバレあり)をまとめてみました。

  • タフな釘崎に決め手を欠く西宮
  • 反撃に出た釘崎、狙いは西宮の箒
  • 西宮は箒のコントロールを失い地面に落下
  • 釘崎が猛攻を仕掛けるが、真衣の援護射撃に倒される
  • 真衣の後ろには真希が現れ、姉妹対決スタート

西宮を追い詰めた釘崎でしたが、またしても真衣にやられてしまいました。めちゃくちゃ悔しがりそう・・・

『呪術廻戦』第41話のあらすじと感想・考察

いなくても効いている呪言師・狗巻

空中から何度も攻撃を仕掛ける西宮。しかし、パンダ先輩との修行でタフさが増した釘崎は倒れない。

攻撃の出力を上げたい西宮だったが、狗巻の呪言対策として「耳から脳にかけてを呪力で保護する」必要があり、攻撃に全力を注げない。

1回喰らったら勝負がついてしまう「呪言」がいつ飛んでくるか分からない。その事が京都校全体をけん制する効果を生み出していた。

団体戦ではここまで見せ場のない狗巻ですが、実は彼の存在が京都校全体にプレッシャーを掛けていました。「準1級」の狗巻は東京校では最上位ですから、京都校も常に警戒せざるを得ないでしょうね。

西宮が「真衣ちゃんの苦労」を語る

西宮が再び「真衣ちゃんの苦労」について語り始める。

禪院家はエリート呪術師の家系「御三家」の1つ。そこでは「禪院家相伝の術式」を引き継いだ者以外は落伍者として人生をスタートさせる。

「禪院家に非ずんば呪術師に非ず、呪術師に非ずんば人間に非ず」そんな家に、術式を引き継がない女として生まれた真衣は、一生蔑まれながら生きることになる。

『呪術廻戦』第41話より引用

「自分たちが当然のように享受している環境を手に入れるのに、真衣ちゃんたちがどれだけ苦労しているか考えろ」と、西宮は言うのだった。

名門の家系に能力を持たずに生まれた真衣の苦労を語る西宮。「真衣ちゃん達」と言っていたので、西宮は真希の境遇にも同情しているのかもしれません。また、西宮の話の中にあった「禪院家相伝の術式」は真衣たちの兄が引き継いでいると思われますが、いったいどれ程強力な術式なのか気になります。

釘崎の反撃

西宮の真衣ちゃん語りを「うるせえよ」と一蹴する釘崎。

「不幸なら何してもいいのか」「お前らも(呪いとして殺そうとしてる)虎杖がどんな人間か考えたことあるのか」と言い返し、反撃に出る。

芻霊呪法「簪」

釘崎がやみくもに投げていたように見えた釘は、周囲の樹に刺さっていた。その釘が一斉に爆発し、折れた樹が西宮に倒れ掛かる。

樹を避ける為に高度を下げた西宮。そこへ釘崎が飛びかかる。ギリギリかわした西宮だったが、釘崎は箒の枝を一本抜きとっていた。

『呪術廻戦』第41話より引用

「男がどうとか女がどうとか、知ったこっちゃねーんだよ!!」

「私はき釘崎野薔薇なんだよ!!」

そう言って釘崎が得意の「藁人形」に箒の枝を打ち付けると、西宮は箒をコントロールできなくなる。

釘崎は落下した西宮をピコピコハンマー(トンカチだと下手したら殺しちゃうので)で殴りまくる!

「理不尽だとか男だ女だとか関係ねえ!!」と啖呵を切る釘崎がカッコよかったです。3年の西宮を相手に逆境を跳ね返した点もすばらしい。「藁人形」は箒のような生物以外にも効果があるみたいなので、けっこう応用が利くのかもしれません。

真希vs真衣の姉妹対決スタート

西宮に勝てそうだった釘崎だったが、真衣の援護射撃を喰らい、倒れる。

携帯で西宮には空から仲間をサポートするように指示する真衣。電話を切ると背後には真希が立っていた。

『呪術廻戦』第41話より引用

「仲間呼ばねーの?別に私は2対1でもいいぜ?」と不敵な笑みを浮かべる真希。

しかし、敢えて西宮を呼ばず、真希と1対1で戦おうとする真衣。禪院家の姉妹対決がスタート!

釘崎はまたしても真衣に倒されてしまいました。ギリギリ射程圏内と言っていた真衣ですが、釘崎たちのいるポイントまではかなりの距離がありました。彼女もまた、かなりの実力者のようです。第40話で真希に刀を奪われた三輪さんはそのまま負けちゃったみたいですね・・・

『呪術廻戦』第41話のネタバレと感想・考察まとめ

『呪術廻戦』第41話のネタバレと感想・考察でした。

釘崎が機転を利かせた戦いで、西宮を追い詰めましたが、惜しくも真衣にやられてしまいました。真希は三輪を倒したっぽいので、リタイアは釘崎、メカ丸、三輪の3人でしょうか。

完全に「2級の呪霊を祓う」という本来の目標から逸れていっている団体戦。虎杖vs東堂、伏黒vs加茂も早く見たいですね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました