【呪術廻戦】第32話のネタバレ感想&考察!京都校にも強烈なビジュアルの生徒が!

呪術廻戦32話④呪術廻戦
スポンサーリンク

『呪術廻戦』第32話「反省」の感想と考察です。
ネタバレもあるので未読の方はご注意を!

前回のあらすじはこんな感じです↓↓↓

第31話「また明日」

死闘の末、真人の撤退という形でとりあえず任務を終えた虎杖と七海。順平を救えなかったこと、真人を取り逃がしてしまったことを悔い「正しい死とは何か」再度考えさせられることになりました。そして、物語は京都校との交流戦に進んでいきます!

『呪術廻戦』第32話のあらすじを箇条書きで!

まずは第32話のあらすじをサッとおさらいしましょう。

●とある山麓で湯治中の漏瑚の元へ、真人と夏油が合流する。

●真人たちの目的は、指を全て集め宿儺に献上する事に統一された。

●一方、虎杖は交流会に参加するために仲間たちと合流することに。五条先生がサプライズ登場を提案する。

●伏黒、釘崎と2年生たちが京都校の生徒たちを出迎える(歓迎はしていない)

●そこへ五条先生が遅れて登場!運んできた大きな箱の中から虎杖が飛び出す!

●思いっきりスベる虎杖!期待通りのリアクションをくれたのは京都の学長だけなのであった・・・

京都校の生徒たち、そして虎杖が合流し、いよいよ交流会の役者が揃いました!京都校にもパンダ先輩並みに謎な人がいますね!

『呪術回線』第32話の感想&考察!

小さくてかわいい漏瑚、しかし手には・・・

宿儺に深手を負わされた真人は、湯治中の漏瑚と合流します。五条先生に頭だけにされた漏瑚は、山麓の温泉で呪力を回復させていました。体は復活していますが、まだ小さく、ちょっとかわいいです。

呪術廻戦32話①
『呪術廻戦』第32話より引用

しかし、手に持っているのは真人に変えられた人間でしょうか・・・?そうだとしたら、全然かわいくないですね!

呪術廻戦32話②
『呪術廻戦』第32話より引用

真人たちの目的が統一される

五条先生と宿儺を狙い、それぞれ返り討ちにあう形となった漏瑚と真人。それぞれ戦い、敗れたことで思う所があったようです。真人たちの目的は「指を全て集め、宿儺に献上すること」で統一されました。

真人たちは、この目的を「その結果、自分たちが全滅することになっても」完遂するつもりのようです。彼らの狙いは、呪いが新しい人類としてこの世界に君臨することであり、それが必ずしも自分たちでなくとも良いのです。

呪術廻戦32話⑤
『呪術廻戦』第32話より引用

両面宿儺を復活させれば、呪いが人間にとって代わる世界がやってくる。それが、宿儺に直接触れて真人が感じた事でした。

こうして呪いたちの目的が統一されたことで「宿儺の指を全て取り込んで、宿儺による被害をなくしたい虎杖」「宿儺の指を全て虎杖に取り込ませて、宿儺を復活させたい真人たち」「何を企んでいるか今のところ不明な両面宿儺」という3者の構図ができあがりました。

指を集めるという行動は同じですが、その先の目的が大きく異なる3者の駆け引きに注目していきましょう。

去年の交流会は東京校の圧勝だったらしい

前年に勝った方のホームで行われるという交流会。今回の交流会は東京で行われます。去年の交流会では、当時1年生の乙骨が出場し、圧勝だったそうです。

呪術廻戦32話③
『呪術廻戦』第32話より引用

真希によれば、当時の乙骨は「里香」の解呪前だったと言います。「里香」とは乙骨に憑いていた強力な呪いで、乙骨は「里香」を呪いから解き放つために呪術高専に身を置いていました。その辺は『東京都立呪術高等専門学校』で描かれています。

強力な呪い「里香」が憑いているからこそ、強かったと思われる乙骨。現在は「里香」の呪いを解くことに成功したようですが、彼は今も強いのでしょうか?

京都校にも強烈なビジュアルの生徒が!

第32話では、交流会に参加するため京都校の生徒たちが登場します。

3年生の東堂、2年生の禪院真衣、三輪霞といった既出のキャラに加えて新たに3人の生徒が登場しました。

呪術廻戦32話④
『呪術廻戦』第32話より引用

強そうなのは3年生の加茂憲紀ですが、明らかに異質なインパクトを放っている生徒がいます。

そう2年生の「究極(アルティメット)メカ丸」くんです!

メカですもんね。パンダ先輩が登場した時と同じ衝撃でしたねw

釘崎は突っ込んでいましたが、メカ丸くんについても特に説明はありませんでした。パンダ先輩と同様に、交流会の中で正体とかに触れてもらえるといいなーと思います。

『呪術廻戦』第32話の感想&考察まとめ

『呪術廻戦』第32話の感想と考察でした。

いよいよ交流会がスタートします!

真人との戦いは精神的に重めなところがあったので、交流会ではシンプルに熱いバトルが見たいですね。

虎杖は感動の再会とはなりませんでしたが、釘崎は怒りながらもちょっと涙ぐんでましたし、伏黒もきっと喜んでいることでしょう。1年生たちが成長した姿を見せてくれるのか、そして上級生たちはどのような術式を使ってくるのでしょうか!?

次回も楽しみです!

コメント

タイトルとURLをコピーしました