呪術廻戦11話のネタバレと感想!五条悟が呪術高専に身を置く理由とは?

スポンサーリンク

いらっしゃいませ。

『呪術廻戦』第11話「ある夢想」のネタバレと感想です。

もう一つの呪術高専との交流会に参加することになった伏黒と、釘崎。

人間と呪いの立場を逆転させようとたくらむ組織。

そして、まだ生きているっぽい虎杖。

各々が新たな展開を迎える中、虎杖の復活はあるのでしょうか?

呪術廻戦11話のあらすじとネタバレ

謎の空間で宿儺と対面した虎杖。
そこは宿儺の「生得領域」で、言い換えれば心の中のようなものだと言います。
虎杖と宿儺はまだ死んでいなかったのです。

殴りかかってくる虎杖をかわしながら、宿儺は「ある条件」と引き換えに虎杖を生き返らせると言います。

1.宿儺が1分間「契闊」と唱えたら1分間体を明け渡すこと

2.1の約束を忘れること

虎杖は、この条件を飲まず力づくで生き返らせようとします。
すると宿儺は追加で「その1分間誰も殺さず、傷つけない」と約束します。

しかし、虎杖は無条件で生き返らせろと譲りません。
そんな虎杖に、宿儺は提案します。

「今から殺し合って、虎杖が勝てば無条件で生き返す。宿儺が勝てば宿儺の条件を飲んだ上で生き返す」

虎杖はその提案に乗りますが、その瞬間にやられてしまいます。

一方、呪術高専では虎杖の身体が解剖されそうになっている中、五条が高専の教師をやっている理由を語っていました。

彼の目的は上層部が腐っている呪術界の変革でした。
五条曰く、上層部を一掃するのは簡単だそうですが、それだけでは変革は達成できないといいます。
彼が、教育に携わっているのは、自分についてきてくれる「強く、聡い仲間」を育てるためです。

虎杖もそのうちの一人だったと悔しがる五条。
すると、虎杖がむくっと起き上がります。
虎杖、1話空けただけで復活です。

一方、ファミレスで密談中の呪いと怪しい人間。
人間の方が呪いたちに五条悟の「封印」を提案していました。
その手立ては特級呪物「獄門彊」を使うこと・・・

いったいその正体とは!?

ここで、次回に続きます。

呪術廻戦11話の感想と考察

宿儺の目的は?

虎杖は、わりと早い復活でしたね。
やはり宿儺は虎杖を殺す気はなかったようです。

虎杖が復活したのは良かったですが、宿儺の目的は気になりますね。

虎杖が復活するにあたって、宿儺は「好きな時に1分間体を得る」ことができるようになりましたが「その間誰も傷つけてはいけない」という縛りも設けられました。
この縛りから、宿儺の当面の目的は暴れることではなさそうです。

どうやら宿儺は伏黒に興味を抱いたいる様子。
また、伏黒と比べて虎杖は「つまらない」といった発言も見られたことから、伏黒の身体への「乗り換え」を考えているのかもしれません。

それなら虎杖の身体に入っている間は誰かを傷つける必要もありません。
伏黒の身体を乗っ取るまではいかなくても、伏黒とは何らかの接触を図るはずです。

特級呪物「獄門彊」とは?

11話のラストで登場した新たな特級呪物「獄門彊」
見た目はお札が貼られた正方形の箱でした。

五条を封印するために使われる道具のようですが、両面宿儺のように強力な呪霊が封印されていたりするのでしょうか?

そもそも「呪物」とは武器みたいな形で使えるものなのかも気になります。
「呪物」にはさまざまなパターンが存在するようですね。

まとめ

第11話では、虎杖が復活をしました。五条先生は凄く嬉しそうでしたね。

五条先生は虎杖が生き返ったことを上層部には隠し、しばらくの間は虎杖を鍛えるつもりのようです。
しかし、伊地知あたりがチクったりしないか心配です・・・

そして、呪いたちの次なる目的は五条先生の「封印」になりそうです。
次回いきなり仕掛けてきたりするのでしょうか?

次回も楽しみです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました