呪術廻戦9話のネタバレと感想!報告通りの衝撃のラスト!

スポンサーリンク

いらっしゃいませ。

『呪術廻戦』第9話「呪胎戴天-̪̪肆-」のネタバレと感想です。

8話では虎杖と入れ替わった宿難が、特級の呪霊をアッサリ倒しました。

しかし、宿難は次に伏黒の元に現れます。

さらに虎杖の身体からは心臓が抜き取られ、入れ替われば死んでしまうと言う危機的状況に。

果たして、伏黒はこのピンチをどう切り抜けるのでしょうか?

呪術廻戦9話のあらすじとネタバレ

虎杖を助けるために宿難に挑む伏黒。
虎杖の肉体を使っている以上、心臓が無い状況は宿難にも多少のダメージがあると考えます。
その為、宿難に「心臓を戻さなければ勝てない」と思わせれば、虎杖の身体に心臓を戻させる事ができると考えます。

宿難を圧倒して心臓を戻させようと、攻撃を仕掛ける伏黒ですが、逆に宿難に圧倒されてしまいます。
呪力はもちろん、パワーもアジリティも、宿難には敵いません。

宿難は本気も出さずに、伏黒を圧倒していますが、影から式神を生み出す伏黒の能力に興味を示します。
その、宿難の興味に応えるかのようにオーラが変わり始める伏黒。

ここから真の実力を発揮するのか?

という所で、虎杖が宿難と入れ替わります。

当然心臓が無いので虎杖死亡!

まさかの展開!

ここで、次回に続きます。

呪術廻戦9話の感想と考察

伏黒の実力は?

今回、宿難にまったく歯が立たなかった伏黒ですが「実はもっと強いんじゃない?」といった雰囲気も醸し出しておりました。
影から式神を生み出す能力には宿難も関心を示しており、特級の呪霊と対峙した時、なぜ逃げたのかと聞かれています。

宿難は「お前の能力なら、特級の呪霊も倒せたんじゃないか」と言いたかったのかもしれません。
実際、虎杖が宿難と入れ替わる直前の伏黒は「ここから本気出す」的なオーラが全開だったので、少なくとも真の実力は隠している事が伺えます。

伏黒の過去

第9話では、少しだけ伏黒の過去の回想があります。

伏黒が呪術師として人を助ける背景には、津美紀という女性の存在があるようです。
回想から、津美紀さんは呪いにより亡くなっていると思われます。

伏黒は津美紀さんを助けられなかった過去から、善人を理不尽な呪いから救うことを信念としているんですね。

宿儺を取り込んでしまった虎杖を助けたのも、虎杖が善人だと思ったからだそうです。

宿儺と入れ替わった虎杖にその思いを伝えた事で、伏黒と虎杖は和解します。

しかし、肝心の虎杖は・・・

報告通りの衝撃のラスト

9話のラストで、心臓が無い状態で宿儺と入れ替わってしまった虎杖。

伏黒とは和解できたものの、ぶっ倒れて死んじゃった様子です。

「1年生3人のうち1人が死亡」というミスリードかと思いきや、ミッション前に提示された報告の通りの展開になってしまいましたね。
果たして、虎杖は本当に死んでしまったのでしょうか?

もう一度宿儺と入れ替わってまだ生きてるってパターンもありそうですが、もしかしたら次回から伏黒が主人公で新展開に突入というパターンもあるかもしれません。

どちらにせよ、虎杖はいったん物語から退場しそうです。
もう一度宿儺と入れ替わったとしても、しばらくは宿儺に主導権を握られて出てこれないのではないでしょうか。

まとめ

第9話では、虎杖が死んでしまうという衝撃のラストで終了しました。

実はけっこう強いかもしれない伏黒が次回から主人公になるのでしょうか?

思い返してみれば、1話の最初に出てきたのも虎杖ではなく伏黒でしたしね。

また、虎杖に取り込まれている宿儺がどうなるのかも気になります。
そのまま消滅するのか、それとも虎杖の身体を乗っ取って好き放題暴れだすのでしょうか?

ジャンプの次号の発売が再来週なのがもどかしいですね!

コメント

タイトルとURLをコピーしました