呪術廻戦第5話「始まり」の感想【ネタバレあり】

呪術廻戦5話呪術廻戦
スポンサーリンク

『呪術廻戦』第5話「始まり」を読んでの感想を綴っていきたいと思います。※ネタバレもありますので未読の方はご注意ください。

廃ビルに巣食う呪いを祓いに向かった虎杖と釘崎。子どもを人質に取られて苦戦する釘崎でしたが、虎杖が型破りな動きで救うのでした!

第4話「鉄骨娘」の記事はコチラ

呪術廻戦第5話「始まり」の感想

知性をもった呪い

マネキンの呪いを瞬殺した釘崎でしたが、新たに現れた呪いに苦戦します。その呪いは知性を持っており、子どもを人質にして釘崎の動きを封じるのでした。

1人で廃ビルに忍び込んで遊んでるって、なかなか度胸がある子どもですね。呪いに捕まったけど、ちょうど呪術師が実地試験に訪れるという、運が良いんだか悪いんだか分からない子です。

五条先生曰く、都会の呪いには単純な強さだけでなく、弱い呪いにも「知性」や「狡猾さ」が備わっているとのこと。

釘崎は、子どもを見捨てることができずに武器を捨ててしまいますが、呪術師としていつでも「死」を覚悟しているというところが感じられた気がします。

虎杖の奇襲

死を覚悟した釘崎を救ったのは虎杖でした。

助け方がまた豪快で、隣の部屋から突き破って現れ、呪いが人質ではなく虎杖に攻撃を仕掛けてしまったところで、すぐさま両腕を切り落とし人質を救出。

呪いはすぐに人質に危害を加える素振りを見せていれば虎杖の動きも止められたかもしれませんが、咄嗟にそこまでの判断はできなかった模様。

逆に虎杖は的確な判断で電光石火の救出劇を演じて見せました。人質の子どもも目まぐるしい展開に唖然としていた様子。

最後は、窓の外に逃げ出した呪いを釘崎が藁人形を使った攻撃で撃破して任務完了。釘崎の攻撃は、敵の体の一部があれば遠隔でも攻撃ができるようなので、虎杖のような体術が強いタイプと組めばサポート役として活躍しそうな印象を受けました。

一方、窓から飛び出した呪いを見て、すぐさま祓いに動こうとした伏黒。

しかし、すぐに上空で消滅する呪いを見て、虎杖と釘崎のことを「ふーん、まあまあやるじゃん」くらいには思ったかもしれませんね。

釘崎の理由

釘崎が最期に会いたかったと言っていた「沙織ちゃん」。

彼女は釘崎の昔の友だちのようです。釘崎が小1のとき、東京から彼女の村へと越してきた沙織ちゃん。釘崎は沙織ちゃんと仲が良かったようですが、彼女の村は排他的で、よそ者の沙織ちゃんを追い出してしまったとのこと。

そんな閉鎖的な地元に嫌気がさした釘崎は、お金のことを気にせずに上京する手段として、呪術師を志したのだと言います。

他人から見れば軽い理由に聞こえますが、釘崎にとっては「村にいたままでは自分は死んだも同然」であり、「上京するため」という理由は命を懸けるに足るものなのでした。

釘崎が高専に来た理由を聞いた虎杖も「理由が重けりゃ偉いわけでもねーか」と納得した様子。共に危機を乗り越えたことで、2人は少し打ち解けたようです。
 
このシーンは今後も釘崎の行動の根拠になってくるところだと思うので記憶に留めておきたいですね。いずれ「釘崎帰省編」も描かれて欲しいかもと感じました。

不吉な報告書

晴れて呪術高専へ入学した虎杖と釘崎。

しかし、伏黒も含めた1年生3人には不吉な未来が待っているようです。第5話のラスト2ページでは、7月に起きる事件の記録が紹介されます。

その記録によると、少年院に発生した特級仮想怨霊の対応のために高専1年生3人が派遣され、内1名が死亡したとされています…

この記録は事実なのでしょうか…?

1年生3人が揃ってこれから虎杖の高専生活が始まる…というところでのラスト2ページは衝撃的でした。7月ということは、恐らく虎杖が高専に入学して1か月後のできごとだと推測されます。

次回からこの事件のことが描かれるのかもしれませんが、先に結末を教えちゃうなんて斬新な手法ですね。それとも、第6話は既にこの事件が終わったところから始まって、1年生が一人欠けていたりするんでしょうか…?

非常に気になりますが、せっかく揃った1年生がいきなり1人いなくなるとは中々考えずらいですよね…

コメント

タイトルとURLをコピーしました