【5分後の世界】第20話のネタバレ感想&考察!“死に物狂い”で未来を変えろ!!

5分後の世界20話⑥5分後の世界
スポンサーリンク

『5分後の世界』Ep.20「白綾大和」の感想と考察です。
ネタバレもあるので未読の方はご注意を!

前回のあらすじはこんな感じです↓↓↓

大和が逃げる時間を稼ぐため、命を賭けて愛染明王に挑む裕人。しかし、強大な敵を前に力尽きようとしていました。愛染明王の鉄球が裕人をとらえようとしたその時、裕人を助けに飛び出してきたのは大和でした!

『5分後の世界』第20話のあらすじを箇条書きで!

まずは第20話のあらすじをサッとおさらいしましょう。

●戦場に戻ってきた大和!ブチギレる次郎!

●「さっさと逃げろ」と言う大岩!生きてた!

●「逃げるだけじゃ未来は変えられない」そう言って大和は愛染明王に挑む!

●まさに“死に物狂い”で戦う大和に、仲間たちも感化される。

●再び立ち上がった次郎と大岩、不可能を可能にできるか!?

大和が主人公らしいセリフと戦いを見せてくれましたね!大岩生きていて良かった!

『5分後の世界』第20話の感想&考察!

“死に物狂い”で未来を変えろ!!

第19話の裕人に続いて、第20話では大和が愛染明王に挑みます。

裕人はオド・ジーニアスを移動手段に使う、愛染明王の体内にオド・ジーニアスを入れて攻撃するなど、所々でセンスを感じさせる戦いをみせていました。

一方の大和は、まさに“死に物狂い”でした。

鉄球を避けずに受け止める!

5分後の世界20話①
『5分後の世界』第20話より引用

よじ登る!

5分後の世界20話②
『5分後の世界』第20話より引用

2体の間に飛び出して・・・

5分後の世界20話③
『5分後の世界』第20話より引用

自分にオド・ジーニアス!

5分後の世界20話④
『5分後の世界』第20話より引用

愛染明王が相討ち!

5分後の世界20話⑤
『5分後の世界』第20話より引用

これは“死ぬ覚悟で時間稼ぎ”をした裕人と“生きる覚悟で倒しに”いった大和の“覚悟”の差なのでしょうか。“守る”ために戦った裕人と“殺す”ために戦う大和の差といってもいいかもしれません。

“守る”戦いの裕人。

5分後の世界19話⑥
『5分後の世界』第19話より引用

“殺す”戦いの大和。

5分後の世界20話⑥
『5分後の世界』第20話より引用

怖さが全然違いますね!

しかし、愛染明王は同士討ちをしてもまだ倒れず・・・耐久力高過ぎです。

仲間たちは全員無事!?

大岩がけっこう無事に生きていたのには驚きました。鉄球喰らって「ぺち」って音がしていたので、死んでいなくとも戦闘不能にはなっているかと思たったのですが、再び立ち上がって戦闘態勢に入っている所を見る限り、5体満足ではあるようですね。

他にも火月と連の姿も描かれていましたが、2人に関しては倒れているだけで生死は不明。見る限り致命傷はないようだったので、気を失っているだけだと願いたいです!

そして残念ながら、向日葵の姿は見当たらず。向日葵さんについては、過去に訳アリな雰囲気があったのでまだ生きてて欲しいですね。

大和の言動が仲間たちを感化していく

第20話の中で、大和はひたすら同じことを言っています。仲間に向けて、心の声で、言葉を変えて大和が言っているのは「逃げていたら未来は変えられない」ということです。

この言葉と大和の戦いが仲間たちを感化していくこの第20話は『5分後の世界』の中で、かなり重要な回なんだろうなと思います。

ここまでただひたすらに絶望が続いていたのは、この回の大和のセリフをより強調するためのものだったのではないかと思えてしまう程です!

『5分後の世界』第20話の感想&考察まとめ

『5分後の世界』第20話の感想と考察でした。

逃げてるだけじゃ未来は変えられないという大和の言葉にはドキッとさせられました。未来を変えたきゃ死に物狂いでやれってことですね。僕ももっと頑張らねば!

そんな大和の言葉や戦いっぷりに次郎たちの心は復活しましたが、肉体的には全員限界のはず。愛染明王との死闘を制することはできるのでしょうか!?

次回も楽しみです!

コメント

タイトルとURLをコピーしました