EDENS ZERO(エデンズゼロ)第74話「ワイズvs.ラグナ」のあらすじと感想(ネタバレあり)

EDENSZERO74話EDENSZERO(エデンズゼロ)
スポンサーリンク

『EDENS ZERO(エデンズゼロ)』第74話「ワイズvs.ラグナ」のあらすじと感想です。

ネタバレを含みますので、未読の方はご注意ください。

ドラッケン・ジョーの刺客、ラグナによって、次々と水に変えられてしまったシキたち。

機転を利かせてラグナの攻撃を回避したワイズが、アーセナルで反撃にでます!

EDENS ZERO(エデンズゼロ)第74話「ワイズvs.ラグナ」のあらすじ

水の力

アーセナルを装着し、反撃に出るワイズ。弾丸を使って激しく攻撃しますが、ラグナは水の壁を生み出して全て防ぎきります。小さな弾丸では、水の防壁を破れないようです。

さらにラグナの水は攻撃時には鋭い刃にも変化し、アーセナルの鉄の装甲を斬ってしまいます。攻防一体となったラグナの水の能力に、ワイズは苦戦します。

ワイズは次の手として、火炎放射を使ってラグナの周囲を炎で包みます。ラグナの逃げ場をなくし、鉄の拳を叩きつける作戦でしたが、ラグナに水のエーテルで「ウォーターハンド」「ウォーターショット」「ウォーターレーザー」と畳みかけられ逆に窮地に立たされます。

ラグナ撃破!

ラグナの「ウォーターレーザー」を受け止めきれず、アーセナルのシャットダウンも迫る窮地に陥ったワイズ。そこにハーミットから通信が入ります。

ハーミットは、アーセナルの冷却装置を使い、ラグナの水を凍らせろと指示するのでした。

ワイズは、ハーミットの指示通りにアーセナルを改造し、ラグナの「ウォーターレーザー」を凍らせて粉砕します。そして、そのままアーセナルの最後の力を使ってラグナを撃破!

ハーミットの機転もあり、エレメント4の一角を崩すことに成功するのでした。

新たな刺客

ラグナに勝利したワイズでしたが、既に新たな刺客は迫っていました。アーセナルが解除されたワイズは、すぐに何者かの銃弾に撃たれて倒れます。

直後に、水に変えられていたシキたちが元に戻ります。倒れたワイズに気付いたシキたちは慌てて彼に駆け寄ります。

必死にワイズに呼びかけるシキ。そんなシキに遠く離れた市街地から照準を合わせているのは、新たなエレメント4、「炎の狙撃手ファイ」でした。

新たな刺客の凶弾はシキたちにも届いてしまうのか、そしてワイズは無事なのでしょうか?

EDENS ZERO(エデンズゼロ)第74話「ワイズvs.ラグナ」の感想

エレメント4の一人、ラグナを倒すことができたワイズでしたが、ここで戦線離脱でしょうかね。離脱するにしても、敵の戦艦の中ということで、色々と大変そうですね。

そして、新たな刺客、ファイはスナイパーで、かなり遠方からシキたちを狙っています。ラグナが倒れてから攻撃してきたってことは、アーセナルが解除されるのを待っていたとも考えられますが、エレメント4はそれぞれが勝手に戦うスタイルで、共闘はしないとも考えられそうです。

どの道、しっかりと照準を合わされている。シキたちのピンチは続きそうですが、この窮地を脱することができるでしょうか。

コメント

タイトルとURLをコピーしました