EDENS ZERO(エデンズゼロ)第73話「涙を流すな」のあらすじと感想(ネタバレあり)

EDENSZERO73話EDENSZERO(エデンズゼロ)
スポンサーリンク

『EDENS ZERO(エデンズゼロ)』第73話「涙を流すな」のあらすじと感想です。

ネタバレを含みますので、未読の方はご注意ください。

エレメント4の一人、水の精霊「ラグナ」の攻撃を受けたシキたち。

シキはいきなり、ラグナの能力で水に変えられてしまいました。

残されたワイズ、ホムラ、ピーノも苦戦を強いられますが・・・

EDENS ZERO(エデンズゼロ)第73話「涙を流すな」のあらすじ

泣いたら水になる

ラグナの能力によって、シキは水に変えられてしまいました。シキのいた場所はただの水溜まりとなり、ピーノは激しく動揺します。

「泣いたら水にされる」という状況から、ピーノを落ち着かせようと声をかけるワイズとホムラ。どうやらシキのエーテルの反応は消えておらず、まだ生きているようです。しかし、ピーノは涙をこらえることができませんでした。泣き出してしまったピーノもまた、水に変えられてしまいます。

残されたワイズとホムラ。2人は泣かなければ水には変えられないと、理解しています。「人ってのはそう簡単には泣かなねえ」と強気な姿勢を見せるワイズでしたが、ラグナのピンヒールで足を踏みつけられて涙を流してしまい、アッサリと見ずに変えられてしまいました…

ホムラvsラグナ

あっという間に一人になってしまったホムラは、戦闘態勢に入り、剣のエーテルギアを発動しました。それを見たラグナも、水の剣を生み出し、ホムラに襲い掛かります。

ラグナは、ホムラと斬り結びながら、あの手この手で彼女に涙を流させようと仕掛けてきます。「悲しい話」「もらい泣き」「あくび」…中々に雑な手でホムラの涙を誘いますが、ホムラも簡単には引っかかりません。

そんなホムラに対して、ラグナが取り出したのは玉ねぎ。「オオエドタマネギ」という玉ねぎをホムラの前で豪快に握りつぶすという力技に出たのです。これにはホムラも耐え切れず、涙を流してしまい、ラグナの能力の餌食となってしまうのでした…

ワイズの機転

ラグナは水に変えたシキたちをビンに詰め始めますが、そこで1人分足りないことに気が付きます。そんなラグナの後ろに、ワイズが立っていました。

ワイズは、ラグナがピンヒールで踏みつけてくることを読んでいました。変装アプリを使って「涙を流す表情」を偽装し、その後「水に変装」していたのです。

水に変装なんて機能はアプリに付いていなかったハズですが、リアルタイムでアプリを改造できるワイズの能力が発揮されたのでした。

そしてワイズは、アーセナルを装着し、反撃にでます!

EDENS ZERO(エデンズゼロ)第73話「涙を流すな」の感想

エレメント4の一人を相手に、いきなりシキたちは全滅かと思われましたが、ワイズが機転を利かせてくれていました。トリッキーな能力を持つ相手に対しては、ワイズの頭脳はとても頼りになりますね。

アーセナルを装着すれば涙を流す心配もなさそうなので、次回はワイズvsラグナの小細工なしのタイマン勝負になりそうです。危険な能力を持つラグナですが、純粋な戦闘力も高いのでしょうか?

また、心配なのはその他の「エレメント4」が加勢に来ないかどうかですね…

コメント

タイトルとURLをコピーしました