EDENS ZERO(エデンズゼロ)第70話「ベリアル・ゴア」のあらすじと感想(ネタバレあり)

EDENSZERO70話EDENSZERO(エデンズゼロ)
スポンサーリンク

『EDENS ZERO(エデンズゼロ)』第70話「ベリアル・ゴア」のあらすじと感想です。

ネタバレを含みますので、未読の方はご注意ください。

ドラッケン・ジョーの巨大艦隊ベリアル・ゴアに潜入したシキたち。

そこで、一行は思いもよらない相手と再会します。

そしてその頃、エデンズ・ゼロにも危機が迫っているのでした。

EDENS ZERO(エデンズゼロ)第70話「ベリアル・ゴア」のあらすじ

戦艦自体が一つの都市

ハーミットによると「ベリアル・ゴア」は、元は惑星ギルストの一区画だったそうです。それが「時喰み」の被害を逃れるために星を脱出し、宇宙に飛び出しました。

その為「ベリアル・ゴア」の内部には町があり、一般の人々が暮らしているのでした(一般と言っても元はギルストの住人なので荒くれ者が多そうです)。シキたちは、調査と称して町を散策します。

町はガラが悪いといっても、普通の町でした。シキは「戦艦で戦う事になったら攻撃ができない」と困った様子を見せます。一般の人が巻き込まれてしまうからです。これに対してワイズは「元々はギルストの悪党どもなんだから気にする事はねぇ!」と反論。

2人は口論となり、徐々にエスカレートしていきます・・・

思わぬ人物と再会

言い争うシキとワイズに、思わぬ人物が声をかけてきました。シキたちが惑星ノーマで戦った「シビル・ファミリー」のリーダー、シビルです。

しかし、このシビルは「時喰み」の被害を免れた「現代のシビル」であり、ピーノを苦しめ、シキに倒されたシビルとは完全に別人です(ややこしい!)。シビルは、時喰みが惑星ノーマを襲った時には既にノーマにはいなかったようで、惑星ノーマが進入禁止区になっている理由も知らなかったようです。

また、シビルは歳をとってかなり丸くなったようです。面識のないピーノに対しても、ノーマにいる50年前の自分が非道を働いたことを真摯に謝罪します。近くのバーで働いているというシビルは「気が向いたら来てくれ」と、言い残して職場に戻っていくのでした。

「人って変わるもんだな」と、複雑そうな表情のシキとピーノ。そんな2人にワイズがフォローを入れます。シビルも昔は筋の通った人物で、過去にはワイズを救ってくれたこともあるようです。シキたちが出会ったシビルは、最もやさぐれていた頃の彼だったのかも知れません。

ドラッケン・ジョーの刺客

シビルと別れた直後、艦内に緊急放送が流れます。画面にはドラッケン・ジョーの顔が現れ・・・

「バレてねえと思ってんのか?エデンズゼロの乗組員さんよォ」

シキたちは、潜入時からバレていたようです。ハーミットが監視システムをハッキングしていたようですが、ドラッケン・ジョーの陣営にはより優れたハッカーがいるのかもしれません。

さらに、ドラッケン・ジョーはエデンズゼロに刺客を送りこんでいました。ドラッケン・ジョーの「錬金術」によって、難なくエデンズゼロの装甲破り、3人の刺客が艦内に潜入。

シキたち不在のエデンズゼロは、刺客に対抗することができるのでしょうか・・・?

EDENS ZERO(エデンズゼロ)第70話「ベリアル・ゴア」の感想

シビルの再登場は意外な展開でした。何やらワイズとも思ったより深い関係みたいですし、この後のドラッケン・ジョーとの戦いにおいても、何かしら絡んできそうですね。歳をとって今は心を入れ替えてるっぽいのに、ギルストに居るあたりからも、いろいろと訳ありな感じです。

また、ドラッケン・ジョーがいよいよ仕掛けてきました。いきなり幹部っぽい3人をエデンズゼロに送り込んでいますから、最初から仕留めにきているようですね。迎え撃つエデンズゼロの面々では、ウィッチが何かをやってくれそうな引きでしたので、次回の展開が楽しみです!

今週のマガジンは一挙2話掲載なので、すぐ読めますけどね!

コメント

タイトルとURLをコピーしました