EDENS ZERO(エデンズゼロ)第64話「跳躍者(リーパー)」のあらすじと感想(ネタバレあり)

EDENS ZERO64話EDENSZERO(エデンズゼロ)
スポンサーリンク

『EDENS ZERO(エデンズゼロ)』第64話「跳躍者(リーパー)」のあらすじと感想です。

ネタバレを含みますので、未読の方はご注意ください。

レジスタンスの武器庫を封鎖しにやってきたニノと対峙するレベッカ。

エーテルギア使いのニノを相手に普通の銃で応戦するものの歯が立ちません。

しかし、その時、レベッカに新たな力が目覚めるのでした…!

EDENS ZERO(エデンズゼロ)第64話「跳躍者(リーパー)」のあらすじ

エーテルギア「ソウルアーム」

レベッカたちが「労働区」への行き方を探しているときに手助けしてくれたニノ。レベッカは本当は良い人だと、ニノと戦うのを躊躇いますが、ニノの方はエーテルギアを発動して襲い掛かってきます。

『EDENS ZERO』第64話より引用

拳罪天・ニノのエーテルギアは「ソウルアーム」。エーテルを実体化させた4本の腕から繰り出される攻撃は、1発でも喰らったら致命傷は免れないだろうという威力を有しています。

ハッピーがエーテル切れで変型できないため、レベッカは武器庫にあった普通の銃で応戦しますが、銃弾は全てソウルアームに弾かれてしまいます…

ミルディアンと重なる今

ニノのソウルアームがレベッカに迫る刹那、彼女は現在の状態に既視感のようなものを覚えます。Bキューバーで拳を使い、銃が効かない対戦相手…今のシチュエーションが、時の惑星ミルディアンでヨッチと対戦した時にそっくりだったのです。

ミルディアンでは、レベッカの他にもシキが鋼の皮膚を持つゾルグ星の戦士「メタル・ボギー」と、ワイズがスピード自慢の「ハイウェイ・ヤナ」と、ホムラがヴァルキリーのレプリカと戦いました。そして今、シキは鋼の装甲を持つ「紅鉄騎」と交戦中。ワイズも、スピードが武器のバクーと戦い、撃破しています。

『EDENS ZERO』第64話より引用

ミルディアンでのシャオメイのマッチメイクは、今の戦いを示唆していたのだと気づいたレベッカ。そしてあの戦いから「足」に何かのヒントがあるのではないかと感じます。

覚醒のレベッカ

シャオメイの示したヒントに気づいたレベッカは、エーテルギアの力に覚醒します。彼女のエーテルギアは、脚にエーテルを集中させ、爆発的なスピードと、強力なキックを生み出す能力です。

『EDENS ZERO』第64話より引用

エーテルギアのスピードを活かしてニノの攻撃を回避し、反撃に転じるレベッカ。「アニメは宇宙を救う」が信条のニノに対して、『ポヨポヨルビーちゃん』の神回で登場した必殺技を再現してみせます。

ベルホーリースラッシュ!!!

アニメでは「女怪人に洗脳された男に自分を取り戻させた」というキック技でニノを撃破したレベッカ。倒されたニノも目が覚めたようです。

ニノが倒れたことで更衣室から出ることができたワイズに、レベッカがエーテルギアを自慢します。彼女は覚醒したエーテルギアに「跳躍者=リーパー」と名付けるのでした。

EDENS ZERO(エデンズゼロ)第64話「跳躍者(リーパー)」の感想

レベッカがエーテルギアに覚醒しました。「エデンの湯」の効能は本物だったんですね!これでエデンズゼロのメンバーはシキ、レベッカ、ワイズ、ホムラと、全員がエーテルギア使いになったわけですね。

また、最後のシーンでシャオメイが語っていましたが、「リープ」の能力は「宇宙を救うかもしれない」可能性を秘めているそうです。「リープ」という名前からは「タイムリープ」を連想してしまいますが…

ニノとの戦いでも、時間が巻き戻るようなシーンがありましたし、いずれレベッカの能力で過去や未来に「跳躍する」展開が見られるかもしれませんね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました