EDENS ZERO(エデンズゼロ)第62話「オレの伝説」のあらすじと感想(ネタバレあり)

EDENSZERO62話EDENSZERO(エデンズゼロ)
スポンサーリンク

『EDENS ZERO(エデンズゼロ)』第62話「オレの伝説」のあらすじと感想です。

ネタバレを含みますので、未読の方はご注意ください。

三罪天の一人、バクーに苦戦するレベッカたちの前に「鋼鉄の戦士・アーセナル」が駆けつけました。

レベッカたちにはすぐに正体がワイズだとバレてしまいますが、果たしてその実力はいかに・・・?

EDENS ZERO(エデンズゼロ)第62話「オレの伝説」のあらすじ

市街地の戦い

紅鉄騎に搭乗した紅婦人とシキは、街中で激戦を繰り広げていました。

自分が支配する街が破壊されようとおかまいなしで攻撃を繰りだす紅婦人。シキは町の人々を庇いながらの戦闘になり、思うように反撃することができません。

アーセナルの実力

レベッカたちの危機にさっそうと駆け付けたアーセナルの正体は、やはりワイズでした。一応、正体を隠そうとしていますが、レベッカとピーノには完全にバレています。ワイズはレベッカたちを心配するシスターから「全員無事に連れ帰れ」という指令を受けてやってきたようです。

『EDENS ZERO』第62話より引用

ワイズが装備しているのはエーテルギアの性能を引き出す特殊武装外骨格「アーセナルスーツ壱号」というものでした。戦闘時には、ワイズの能力によってリアルタイムでカスタムして多彩な攻撃を可能にします。

新しい武器によって戦闘力がアップしたワイズは、連射式の「バイスキャノン」や高火力の「ドラムバスター」などを繰り出してバクーを攻撃しますが、スピードを武器とするバクーは全て回避します。

バクーは反撃に出ます。しかし、ワイズは脚をカスタマイズしてバクーのスピードについて行き、腕にエーテルコーティングを施して、バクーの必殺技にも耐えきって見せました。アーセナルスーツの性能はかなり高いようです。

メタリカエクスプロージョン

バクーを圧倒するワイズでしたが、アーセナルスーツには弱点がありました。それはエーテルの消費が激しいこと。エーテル残量が10%になったアーセナルスーツは「30秒後にシャットダウンする」と警告を発します。

急に動きが鈍くなるアーセナル。シャットダウンまで残り10秒となったところで、勝負を決める一撃を放ちます。

『EDENS ZERO』第62話より引用

メタリカエクスプロージョン!!!!

巨大化した右腕から放たれた爆発を伴う一撃でバクーを撃破!そのままアーセナルはシャットダウンし、レベッカたちの予想通りワイズが姿を現すのでした。

EDENS ZERO(エデンズゼロ)第62話「オレの伝説」の感想

今回は、ワイズが大活躍する回でした。ここまで、機転を利かせた戦い方で敵を撃破してきたワイズでしたが、これからは真正面からぶつかっても勝てる戦力になった感じがしますね!

ワイズはやはり、シキの相棒の1番手だと思うので、これからもどんどん強くなっていって欲しいです。

一方で、シキは冒頭で紅鉄騎に圧されていたように苦戦が続いているようです。レジスタンスが駆けつけても戦況は覆せなそうですが…反撃の糸口は見つかるでしょうか。

コメント

タイトルとURLをコピーしました