EDENS ZERO(エデンズゼロ)第59話「きっと前へ進める」のあらすじと感想(ネタバレあり)

EDENSZERO59話EDENSZERO(エデンズゼロ)
スポンサーリンク

『EDENS ZERO(エデンズゼロ)』第59話「きっと前へ進める」のあらすじと感想です。

ネタバレを含みますので、未読の方はご注意ください。

ホムラの師匠ヴァルキリーは、5年前に労働区の住人を守るために戦い、命を落としていました。

その元凶はホムラの実の母である紅婦人です。

悲しみに暮れるホムラの姿を見て、シキがとった行動とは・・・?

EDENS ZERO(エデンズゼロ)第59話「きっと前へ進める」のあらすじ

労働区のレジスタンス

ホムラがやっと再会を果たしたヴァルキリーは、荒野にうずくまったまま動く事はありません。ホムラは師匠の死を認められずに必死に呼びかけますが、返事はありません。

遅れて付いてきていたシキは、ワイズやシスターなら治せるんじゃないかと希望を口にしますが、ピーノによると「コアが停止したアンドロイドは人間でいう死を意味する」とのこと。望みはないようです。

ヴァルキリーのもとを離れようとしないホムラを残し、レベッカたちは労働区の酒場に移動しました。そこで「ヴァルキリー一派」を名乗るレジスタンスの一団に出会います。

EDENSZERO59話①
『EDENS ZERO』59話より引用

彼らはヴァルキリーが命懸けで労働区を守ったことに感銘を受け、ヴァルキリーを讃えながらずっと反逆の準備を進めていました。そしてホムラが来た今こそ、紅婦人を討つために一緒に戦おうと誘ってきますが、レベッカはホムラをそっとしておいてあげたいようです。

きっと前に進める

ヴァルキリーの前に座り込むホムラのもとへ、シキがやってきます。

「ヴァルキリーは優しい心を持っていた、きっといい友達になれた」そう語りかけるシキに、ホムラは「私はもう立ち上がれないかもしれない」とこぼすのでした。

『EDENS ZERO』59話より引用

シキは「今はそれでいいんじゃないか」と言いながら、自分のじいちゃん(ジギー)が死んだ時は、友達のおかげで再び立ち上がれたと話します。

「ホムラにも友だちがいるだろ?だからきっと前に進める」

シキはそう言い残して立ち去ります。去り際の顔はホムラを励ましていた時の優しい笑顔ではなく、怒りの形相に変わっていました。

シキvs紅婦人

紅婦人は、高層ビルの上層階で新たな暴挙に出ようとしていました。どうやら、労働区全域に「紅の目」を照射しようとしているようです。ヴァルキリーを崇め、反旗を翻そうとするレジスタンスを一掃するため、労働区の何万人という人々を犠牲にするつもりです。

「ヴァルキリーはアンタを救ってくれた恩人じゃなかったのかい?」と、あまりの暴挙にニノが口を挟みます。

しかし、紅婦人は聞く耳を持ちません。ヴァルキリーは利用しただけだと言い、ホムラは捨ててきたのだと言います。娘のもとに戻るつもりなど、最初からなかったのです。

その時、窓ガラスが割れてシキが飛び込んできました。

『EDENS ZERO』59話より引用

彼はヴァルキリーの願いを叶えるため、紅婦人をホムラのもとへ連れて行くと言います。ホムラは連れてきて欲しくないかもしれませんが、その後のことはホムラが決めるべきことです。

もちろん、ホムラのもとへ行く気も、シキをタダで帰す気もない紅婦人ですが、シキは問答無用で連れて行くつもりです。

・・・その前にぶん殴ってから!

EDENS ZERO(エデンズゼロ)第59話「きっと前へ進める」の感想

ホムラは可哀そうでしたね…

ピーノの話が本当なら、ヴァルキリーが復活することはもうなさそうですが、ポールが話していた星水晶(ラクリマ)というアイテムが伏線とかになっていないかと期待してしまいます。ポールの話だと高濃度のエーテル凝縮泰ということだったので、何かありそう。

そして、シキはいきなり紅婦人の所へ乗り込んでしまいました。前半でレジスタンスが出てきたので、一緒に戦うシーンとかあるのかと思っていましたが、かなりスピーディーな展開です。このまま決着しちゃうとあっけないので、1回は撤退させられるとか、シキが捕まっちゃうとかになるのかもしれませんね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました