EDENS ZERO(エデンズゼロ)第47話「言葉は強さを与える」のあらすじと感想(ネタバレあり)

EDENSZERO47話EDENSZERO(エデンズゼロ)
スポンサーリンク

『EDENS ZERO(エデンズゼロ)』第47話「言葉は強さを与える」のあらすじと感想です。

ネタバレを含みますので、未読の方はご注意ください。

シキに続いて、レベッカとワイズも勝利し、シャオメイが仕組んだ4つのバトルも残すところあと1つ。

最後の戦いに指名されたのは、ホムラ。

対戦相手は、彼女の師匠でもある四煌星「ヴァルキリー」…のレプリカです。

師匠そっくりな姿をした敵に戸惑うホムラでしたが…

EDENS ZERO(エデンズゼロ)第47話「言葉は強さを与える」のあらすじ

怒るホムラ!!

「久しいなホムラ」

ヴァルキリーのレプリカはホムラに話しかけます。

レプリカは、オリジナルが持っている情報を共有しており、ホムラがオリジナルの弟子であったことも知っていると言います。

「こんな事は許されぬゆえ・・・」

レプリカなど師匠を愚弄している!と怒りを露にして斬りかかるホムラ。

『EDENSZERO』第47話より引用

しかし、ホムラの情報を熟知し、オリジナルのヴァルキリーと同じ太刀筋のレプリカは強敵でした。

怒りに任せて攻め立てるホムラでしたが、レプリカに軽くあしらわれてしまいます。

言葉は強さを与える

レプリカの強さに、本物のヴァルキリーと対峙しているような威圧感を感じるホムラ。

しかし、本物の師匠との違いも感じていました。ホムラは師匠と出会った日のことを思い返します。

ホムラとヴァルキリーは争いの絶えない星で出会いました。

孤児だった幼いホムラが、悪党にさらわれそうになったところを、ヴァルキリーが助けたのです。

『EDENSZERO』第47話より引用

今とは違い、当時は思った事を口に出すのが苦手だったホムラでしたが、立ち去ろうとするヴァルキリーを意を決して呼び止めました。

「あ…あの…あの…」

言い淀むホムラに、ヴァルキリーは言います。

「言いたい事があればハッキリと言え、言葉は強さを与える」

この言葉が、師匠の最初の教えでした。

レプリカを撃破!!

再びレプリカに立ち向かっていくホムラ。

「師匠に会って伝えなきゃいけない言葉があるんだ!!」

決意を込めた一撃、戦乙女一刀流「竜閃華」が炸裂します。

『EDENSZERO』第47話より引用

見事に逆転勝利をおさめたホムラ。しかし、その表情は険しいままです。

「本物の師匠ならばこの技は絶対にくらわない」

ともあれ、エデンズゼロチームが4連勝でシャオメイの課題をクリアしました!

EDENS ZERO(エデンズゼロ)第47話「言葉は強さを与える」の感想

苦戦したもののホムラも勝利して、エデンズゼロチームが4戦全勝を達成しました。

「本物の師匠ならばこの技は絶対にくらわない」と言ったホムラの言葉が表すように、ヴァルキリーのレプリカは、情報や、技術はオリジナルと共有していても、身体能力的やメンタルの部分は別物なのかもしれません。

また、回想シーンで登場した、ホムラの故郷の星はかなり荒れていたようですが、いずれシキたちが訪れることもあるのでしょうか。ホムラの故郷だけあって、建物なども和風な感じでしたが、ジンとも関係があったりしたら面白いですね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました