EDENS ZERO(エデンズゼロ)第33話「丘の上の少女」のあらすじと感想(ネタバレあり)

EDENS ZERO33話EDENSZERO(エデンズゼロ)
スポンサーリンク

『EDENS ZERO(エデンズゼロ)』第33話「丘の上の少女」のあらすじと感想です。

ネタバレを含みますので、未読の方はご注意ください。

ハーミットが目撃されたという「北の町・クリスタ」に向かうシキたちでしたが、クリスタでは殺人鬼ジャミロフが暴れていました。

プレイヤーもNPCも関係なく襲いまくるジャミロフに、シキの怒りが沸騰します!

前回のあらすじはこんな感じです↓↓↓

第32話「殺人鬼ジャミロフ」

EDENS ZERO(エデンズゼロ)第33話「丘の上の少女」のあらすじ

大鎌「マリア」

ジャミロフにやられたプレイヤーが消えていきます。

この世界での死はリアルでの死。プレイヤーたちの精神は肉体に戻ることなく消え去ってしまったのです。

その様子を見ながらヘラヘラ笑うジャミロフに、怒ったシキが向かっていきます。

迎え撃つジャミロフ。手に持った大鎌が、怪物のような姿に変形しました。

『EDENS ZERO』第33話より引用

ジャミロフが「マリア」と呼ぶ大鎌は、シキにガブッと噛みつきます。そのまま吹っ飛ばされたシキ。見ると髪の毛を食べられていつもの髪型に。

「マリアは何でも食っちまうんだ」

そう言ってジャミロフはレベッカたちも襲い始めました。マリアの攻撃をギリギリでかわすレベッカたち。背後の家がマリアに喰われているのを見てゾッとします。攻撃を喰らったらひとたまりもありません。

シキが、マリアに破壊された建物を投げつけて反撃しますが、粉々になる建物とは反対に、ジャミロフは無傷。ドラッケン・ジョーから召集がかかっていると言って、ログアウトしていきました。

ハーミットに拒否られるシキ

ジャミロフを追い払ったような形になったシキたちは、クリスタの人々に感謝されます。一行は、町人からハーミットの居場所を聞き出し、西の丘へ向かいます。

西の丘では、すぐにハーミットが見つかりました。

シキたちは、ここまでの経緯を話し、ハーミットを仲間に加えようとしますが、食い気味に拒否されます。ハーミットは自分の意志でここにいるのだと言って、動こうとしません。

「いいから行こうぜ!!」と、ハーミットの腕をつかむシキ。

すると彼女は「放せ!!」と言ってシキの手を突き放します。

「私…人間が大嫌いなの」

『EDENS ZERO』第33話より引用

そう言って、シキを睨みつけるハーミットの表情を見て、シキたちはシーンとなります。

ホムラが裏切り!?

ホムラは、ひとりクリスタの町に残っていました。

町中で周囲を見回すホムラ。すると、建物の陰から手招きする人影が…

その人物をジェシーと呼ぶホムラ。どうやら顔なじみのようです。ジェシーはホムラに尋ねます。

「潜入はうまくいってるかい?姉御」

その問いに「問題ない。シキは私を信じている。」と答えるホムラ。

『EDENS ZERO』第33話より引用

ホムラはシキたちを裏切っているのでしょうか⁉

EDENS ZERO(エデンズゼロ)第33話「丘の上の少女」の感想

ジャミロフは、シキにボコられて欲しかったですが、意外と強敵でした。ドラッケン・ジョーの幹部っぽいですね。ジャミロフとは、デジタリス編で再び戦うことになるのでしょうか。

また、ここまではすんなり仲間になってくれていた四煌星に初めて拒否られたシキの対応にも注目ですね。ハーミットは人間に失望して、デジタリスに籠っているみたいですが、いったい何があったのでしょうか。

そして、一番の驚きはホムラの裏切りです。彼女に対しては、何が本当で何が嘘なのかさっぱり分からなくなってきましたね。でも、最終的には良い奴であって欲しい!

コメント

タイトルとURLをコピーしました