EDENS ZERO(エデンズゼロ)第32話「殺人鬼ジャミロフ」のあらすじと感想(ネタバレあり)

EDENSZERO32話EDENSZERO(エデンズゼロ)
スポンサーリンク

『EDENS ZERO(エデンズゼロ)』第32話「殺人鬼ジャミロフ」のあらすじと感想です。

ネタバレを含みますので、未読の方はご注意ください。

ハーミットを救うため、超仮想惑星・デジタリスにダイブしたシキたち。町で情報を集め、目撃情報があった北の町を目指す事に。

しかし、デジタリスでは凶悪なプレイヤーも活動しているようで・・・

前回のあらすじはこんな感じです↓↓↓

第31話「デジタリスの民」

EDENS ZERO(エデンズゼロ)第32話「殺人鬼ジャミロフ」のあらすじ

エデンズゼロにハッキング?

エデンズゼロに残るウィッチ、シスター、モスコ。

シスターが、自分たちの回線に妙なデータが混じっていることに気が付きます。ハッキングされているようです。

ハーミットがいれば、エデンズゼロのセキュリティは完璧なハズらしいですが、残念なことに彼女はスリープ状態です。

このままではデジタリスにダイブしたシキたちにも影響が出るかもしれないと、シスターは危機感を募らせます。

逃れてきたイベントボス

デジタリスのシキたちは、ハーミットが目撃されたという北の町を目指していました。

道中で、強そうなモンスターに遭遇します。

『EDENS ZERO』第32話より引用

そのモンスターは、北の町「クリスタ」のイベントボス。町の秘宝を盗むが、本当はその秘宝で町人を守ろうとしていた良いモンスター・・・という設定のキャラらしい。

イベントボスの彼は、北の町から逃げてきたと言います。

「殺人鬼ジャミロフ」と呼ばれるプレイヤーが、プレイヤーもNPCも見境なく殺して、クリスタの町はめちゃくちゃにされてしまったそうです。

ジャミロフはNPCを攻撃してもBANされないプレイヤーで、各地で噂になっている人物らしい。

さらにイベントボスは、ハーミットのことも知っていました。何のイベントもこなさず、いつもボーっとしているそうですが、北の町にいるという情報は本当だったようです。

それを聞いた、シキたちは、イベントボスが止めるのを聞かず、クリスタを目指します。

「仲間を迎えに行くんだ!!どんな所だろーが関係ねえさ」

そう言ってクリスタに向かうシキを、イベントボスは黙って見送るのでした。

殺人鬼ジャミロフ

クリスタの町では、やはりジャミロフが暴れていました。

『EDENS ZERO』第32話より引用

町に着いたシキたちは、すぐに、NPCを殺すジャミロフに出くわします。新規のプレイヤーが来たと聞いて挨拶しにきたが、町を間違えたというジャミロフ。本当はレベッカたちを狙っていたようです。

運悪く、ジャミロフが訪ねた宿屋に泊まっていたプレイヤーたちは、塔の上で虫の息に・・・

シキが助けに向かいますが、時既に遅し。プレイヤーたちは息絶えてしまいました。

自分は選ばれたプレイヤーだと言うジャミロフ。リアルではドラッケン・ジョーの仲間だと言います。

虎の威を借り凄むジャミロフでしたが、シキにそんなことは関係ありません。「こんな事ァ許されねえぞ」と、かなり怒っています。

心を閉ざすハーミット

デジタリスのどこかで、うつむくハーミット。

「ジギー、おまえウソつきだ」

「機械に心があったとしても、人間には心なんてないじゃない」

彼女の過去には何があったのでしょうか・・・!?

『EDENS ZERO』第32話より引用

EDENS ZERO(エデンズゼロ)第32話「殺人鬼ジャミロフ」の感想

第31話のラストで、宿屋に女を探しに現れていたジャミロフ。彼の狙いは新規のプレイヤーだったようなので、きっとレベッカたちを探していたのでしょう。町を間違えてくれてて良かったですね。

そして、早くもブロッケン・ジョーの関係者が登場した点にも注目です。シキはかなり怒っていましたから、ここでジャミロフと戦闘に入る可能性はかなり高そう。そうすれば、必然的にブロッケン・ジョーとも因縁ができてしまいますね。

また、気になるのは、ジャミロフの能力です。自称「選ばれたプレイヤー」である彼は、NPCを攻撃してもBANされない、プレイヤーのログアウトを封じられる、という特殊な能力を持っているようです。ジャミロフのこの能力にもドラッケン・ジョーが関わっていたりするのでしょうか。


コメント

タイトルとURLをコピーしました