EDENS ZERO(エデンズゼロ)第29話「アイアンヒル」のあらすじと感想(ネタバレあり)

EDENSZERO29話EDENSZERO(エデンズゼロ)
スポンサーリンク

『EDENS ZERO(エデンズゼロ)』第29話「アイアンヒル」のあらすじと感想です。

ネタバレを含みますので、未読の方はご注意ください。

シスター、ホムラ、モスコと、新しい仲間が加わったエデンズゼロは、次なる四煌星を探すために宇宙の旅を続けます。

その頃、人気のB・キューバーたちを誘拐犯から助け出したレベッカは、ブルーガーデンで一躍有名になっていたようです。

前回のあらすじはこんな感じです↓↓↓

第28話「新たな仲間たち」

EDENS ZERO(エデンズゼロ)第29話「アイアンヒル」のあらすじ

エーテルギアの能力は選べる?

レベッカとハッピー、ホムラは、エデンズゼロの浴場にいました。

「エデンの湯」と勝手に名付けて、リラックスするレベッカ。ホムラは熱いお湯がかなり苦手らしく「これもまた修行ゆえ…」と言って堪えていますが、お湯の温度は42度くらいらしい。ちょうどよい湯加減です。

話題は「エデンの湯」に浸かり続ければ、エーテルギアを使えるようになるかもしれないという話に。ホムラによると、エーテルギアをこれから覚えるなら「能力」は自分で選べる可能性があるらしい。

『EDENS ZERO』第29話より引用

どんな力が欲しいか聞かれたレベッカは、「オートエイムとかどうかな」と答えます。「エイム」はオンラインゲームで「照準」のこと。「狙った敵に必中するエーテルギアって強くね!!」と銃のジェスチャーをするレベッカ。

流れで、レベッカは自分が銃使いで、ハッピーが銃に変形するところを披露します。それを見たホムラは「ぜひ手合わせ願いたいゆえ」と言い出しますが、お風呂での手合わせはすぐに却下されます。

ピーノはエデンズの光

ウィッチとシスターは一緒にワインを飲んでいました。

「10年間ずっと船にいたのか?」とシスターに聞かれたウィッチは、この船を守るのが仕事と言いつつ、実際に守ってくれていたのはエルシーだと話します。

それを聞いたシスターは「あのジギーに懐いてた小娘がか?」と、驚いた様子。

続いてピーノの話に。ピーノは四煌星たちの後継機だと言うシスター。ウィッチも「あの子はいずれ、エデンズの光となる存在です」と期待を口にするのでした。

レベッカが一躍時の人に!

シキは、イリーガの塔で拾ったB・キューブをレベッカに返します。

すると、そのB・キューブに通信が入ります。相手は、ブルーガーデンのクラリス。彼女はレベッカに、ブルーガーデンにはしばらく戻らない方がいいと伝えます。

ギルストから戻ったB・キューバーたちは、ニュースの取材に対して「レベッカに助けられた」と答えました。最悪の星から彼女たちを救い出した「謎の美少女」レベッカは、ちょっとしたブームになっていたのです。

『EDENS ZERO』第29話より引用

ほとぼりが冷めるまでは戻ってこない方がいいと言うクラリス。ブルーガーデンで四煌星の手がかりを探せなくなったシキたちは、シスターの心当たりを巡ることにします。

英雄たちが立つアイアンヒル

「せっかくアイアンヒルの近くにいるんだ、見ておけよ」

クラリスとの通信を終えたレベッカたちは、シスターに言われて艦の外を見ます。そこには、暗黒時代に桜宇宙を守ったと言われる英雄たちの像が立つ丘が浮いていました。

シスターが12体あると言う、その英雄たちの像は「桜舞星騎士団」と呼ばれ、ブルーガーデンの守り神とされているそうです。

「宇宙スゲーーーッ!!!」

と、興奮するシキ。すると、ピーノが英雄像の上に人影を発見します。実はシスターの最初の心当たりだった「アイアンヒル」。その人影は四煌星の一人「ハーミット」なのでした。

『EDENS ZERO』第29話より引用

EDENS ZERO(エデンズゼロ)第29話「アイアンヒル」の感想

ホムラが「エーテルギアの能力を自分で決められる」的なことを言っていましたが、それが事実ならこれから覚えるレベッカにはかなり有利かもしれませんね。新キャラは軒並み使ってくる「エーテルギア」ですが、まだまだ謎が多いです。

また、第29話では桜宇宙には「桜舞星騎士団」という英雄たちがいたことも判明しました。石像になっているので、もう死んじゃっているのかもしれません。しかし「時喰み」など、時間の概念が覆りやすい「EDENS ZERO」の世界では、しれっと全盛期の姿で登場する可能性もなくはないかも。

そして、手がかりが無いと言われながらアッサリと見つかった四煌星のハーミット。しかし、その表情は冴えない様子です。今度はどんなトラブルがシキたちを待ち受けているのでしょうか。



コメント

タイトルとURLをコピーしました