【EDENS ZERO(エデンズゼロ)】第26話のネタバレと感想・考察!二人のシスターの関係とは?

EDENSZERO26話EDENSZERO(エデンズゼロ)
スポンサーリンク

『EDENS ZERO(エデンズゼロ)』第26話「二人のシスター」のネタバレと感想・考察です。
ネタバレがあるので未読の方はご注意を!

レベッカはイリーガを撃退し、シキもローグアウトの3人を追い詰める中、教会に囚われていた本物の「シスター・イヴリィ」が現れました。

果たして二人のシスターの関係とは!?

ホムラの目的とは

教会の地下で力を封じられていたシスター・イヴリィはワイズのエーテルギアで救出され、シキの元へ駆けつけました。ワイズにシスター・イヴリィを助け出すように頼んだのはホムラ。謎が多いホムラの目的とはいったい何なのでしょうか?

シスター・イヴリィと共に駆けつけたワイズとホムラによって、シキたちは時喰みが迫っていることを知ります。

二人のシスターの関係とは

突如現れたシスター・イヴリィを見て「誰なんだコイツは」と偽シスターに問いかけるジン。それを聞いたシスター・イヴリィは「そりゃこっちのセリフだ・・・誰なんだテメェ」と問いただします。第25話のラストでもそうでしたが、シスター・イヴリィは口が悪いですね。

シスター・イヴリィと偽シスターのやりとりから「10年前に仕事でギルストにやってきたシスター・イヴリィは何者かに捕まってしまった」「偽シスターは教会の装置からシスターの力を引き出して使っていた」ことが判明します。

偽シスターは「初めはキズついた仲間を治したくて・・・」と弁明を始めます。しかし、シスター・イヴリィは聞く耳持たず。偽シスターはボコボコにされるのでした。

偽シスターがローグアウトを率いて悪事を働くに至るまでには何か理由があったようですが、過去はどうあれ現在はけっこうなクズっぷりだったので、ボコボコにされても仕方ないですね。ただ、シスター・イヴリィを拘束して教会の地下に閉じ込めた人物はまた別にいるんではないかという点が気になります。

シスター・イヴリィが石化を治す

偽シスターをボコったあと、改めて自己紹介し合うシキとシスター・イヴリィ。口悪いですがシキのことを「新しい魔王様」と呼び、すんなり仲間になってくれました。

脱出する前にやり残した仕事を済ませたいというシスター・イヴリィ。徐に服を脱ぐと「ディスペルドライバー」という技を発動。すると、イリーガのコレクションである美少女たちの石化が解けていきます。

『EDENSZERO』第26話より引用

シスター・イヴリィの仕事とは、イリーガに石化させられた少女たちを救出すること?だとしたらイリーガは10年以上もこの異常なコレクションを続けていたという事に・・・

ジンの目的は妹を救うこと

シキたちが立ち去ったあと、残された偽シスターとジン。ボロボロの偽シスターはジンに「私も連れて行ってくれ」と頼みますが、ジンは「騙してやがったのか」と偽シスターを踏みつけます。

ジンが偽シスターに従っていたのはクリーネという妹を救うためだった様です。偽シスターにその力が無いと知って怒るジンは、そのまま偽シスターの頭を踏み潰してしまいました。

『EDENSZERO』第26話より引用

妹の為なら汚れ仕事も厭わないジン。いずれシスター・イヴリィの力を求めてシキたちの前に現れるのでしょうか?

シキとレベッカは合流できるのか?

時喰みが迫る惑星ギルストは大混乱に陥っていました。

我先に脱出しようと騒ぐ人でごった返す中、レベッカはピーノやB・キューバー達と合流します。イリーガの屋敷には船がたくさんあったらしく、すぐに脱出ができそうですが、レベッカはシキたちを待つと言います。

一方のシキたちは、ピーノの位置データを目指して脱出を目指しますがいまいち緊張感が足りない様子・・・

『EDENSZERO』第26話より引用

時喰み到着まであと10分。果たしてシキたちはレベッカと合流できるのでしょうか!?

『EDENS ZERO(エデンズゼロ)』第26話のネタバレと感想・考察まとめ

『EDENS ZERO(エデンズゼロ)』第26話のネタバレと感想・考察でした。

本物のシスター・イヴリィが偽シスターを倒し、石化した少女たちも元に戻りました。

あとは脱出すれば万事解決ですね。あれだけ混沌とした状況でよくここまで漕ぎつけたもんです(笑)


コメント

タイトルとURLをコピーしました