線は、僕を描く

線は、僕を描く

線は、僕を描く第10話「礎」のあらすじと感想(ネタバレあり)

『線は、僕を描く』第10話「礎」のあらすじと感想です。ネタバレを含みますので、未読の方はご注意ください。斉藤湖栖に勉強会に招かれた霜介と千瑛。湖山や湖峰に目をかけられている霜介の才能を見てやろうという意図が見え隠れしています。霜介が描く線を、湖栖はどう見るのでしょうか・・・?
線は、僕を描く

線は、僕を描く第9話「講習会・竹」のあらすじと感想(ネタバレあり)

『線は、僕を描く』第9話「講習会・竹」のあらすじと感想です。ネタバレを含みますので、未読の方はご注意ください。古前くんと川岸さんによって立ち上げられた「水墨画サークル」の部長になった霜介。展開についていけない霜介でしたが、さっそくサークル初日の活動がスタートです!
線は、僕を描く

線は、僕を描く第8話「君はわかっていない」のあらすじと感想(ネタバレあり)

『線は、僕を描く』第8話「君はわかっていない」のあらすじと感想です。ネタバレを含みますので、未読の方はご注意ください。藤堂翠山の水墨を見て、水墨への向き合い方を正せた様子の霜介。しかし、人との付き合い方はまだまだ全然わかっていないようです。
線は、僕を描く

線は、僕を描く第7話「崖に咲く花」のあらすじと感想(ネタバレあり)

『線は、僕を描く』第7話「崖に咲く花」のあらすじと感想です。ネタバレを含みますので、未読の方はご注意ください。西濱さんが霜介を連れて行ったのは、水墨画の大御所、藤堂翠山の自宅でした。霜介の絵を見た翠山は、自ら水墨を描くことで霜介に大切なことを教えてくれます。
線は、僕を描く

線は、僕を描く第6話「悲しみについて」のあらすじと感想(ネタバレあり)

『線は、僕を描く』第6話「悲しみについて」のあらすじと感想です。ネタバレを含みますので、未読の方はご注意ください。水墨に没頭し、やつれていく霜介。その様子を見た西濱は、彼をある人物に会わせるためにドライブに連れ出します。西濱が霜介に会わせたかった人物とは・・・
線は、僕を描く

線は、僕を描く第5話「青山霜介」のあらすじと感想(ネタバレあり)

『線は、僕を描く』第5話「青山霜介」のあらすじと感想です。ネタバレを含みますので、未読の方はご注意ください。揮毫会から数週間が経ち、夏がやってきました。霜介は水墨の技術をメキメキと上達させますが、その絵を見た千瑛と西濱は表情を曇らせます…
線は、僕を描く

線は、僕を描く第4話「花と墨」のあらすじと感想(ネタバレあり)

『線は、僕を描く』第4話「花と墨」のあらすじと感想です。ネタバレを含みますので、未読の方はご注意ください。霜介と千瑛は、霜介の大学の文化祭に絵を出展することになりました。その打ち合わせがてら、千瑛は水墨画の実演を披露します。
線は、僕を描く

線は、僕を描く第3話「新しい関係」のあらすじと感想(ネタバレあり)

『線は、僕を描く』第3話「新しい関係」のあらすじと感想です。ネタバレを含みますので、未読の方はご注意ください。湖山の孫娘、千瑛と出会った霜介。大学の友人に頼まれて、彼女の水墨画を学園祭で展示したいと協力を依頼します。
線は、僕を描く

線は、僕を描く第2話「出会いと、ささやかな予感」のあらすじと感想(ネタバレあり)

『線は、僕を描く』第2話「出会いと、ささやかな予感」のあらすじと感想です。ネタバレを含みますので、未読の方はご注意ください。アルバイト先で篠田湖山と水墨画に出会った青山霜介。湖山に弟子入りすることになった霜介は、徐々に水彩画に魅力を感じ始めるのでした。
線は、僕を描く

線は、僕を描く第1話「黒白の花蕾」のあらすじと感想(ネタバレあり)

『線は、僕を描く』第1話「黒白の花蕾」のあらすじと感想です。ネタバレを含みますので、未読の方はご注意ください。水墨画がテーマの青春漫画です。
タイトルとURLをコピーしました