ブルーロック第80話「無限界(ノーリミット)」の感想【ネタバレあり】

ブルーロック第80話ブルーロック(BLUELOCK)
スポンサーリンク

ブルーロック第80話「無限界(ノーリミット)」を読んでの感想を綴っていきたいと思います。※ネタバレもありますので未読の方はご注意ください。

TOP3との試合は3-3の同点で終盤戦へと突入していきます。お互いに体力的に厳しくなる中、フィジカルモンスター時光が猛威を振るいます!

ブルーロック第80話「無限界(ノーリミット)」の感想

スタミナの消耗が見え始める終盤戦

試合も終盤に突入し、両チームが激しい攻防を繰り広げる中、凛からボールをカットした千切が、起き上がる際に一瞬辛そうな様子を見せていました。潔と同様、彼の膝を心配した読者は多かったでしょうが、どうやらスタミナの問題だったようです。

この試合、千切のスピードは攻守でチームを大いに助けているところなので、ガス欠を起こすのも仕方ないですね。華やかな見た目に反して泥臭いプレーも厭わない千切。プロ入りしたら絶対人気出るタイプですね。

無尽蔵のスタミナを誇る時光

千切に限らず、選手たちのスタミナの消耗が激しいこの終盤戦において、唯一パフォーマンスを落としていなかったのが時光でした。数ページ前では他の選手どうよう「ハァハァ」言ってたんですが、演技でやってるとしたら彼は中々にクレバーですね。

そして時光がまだ元気な事をいち早く見抜いた凜が、時光を使ったゴリ押し攻撃を仕掛け、最終的にゴール前でのフリーキックを得ています。

後方からのタックルでイエローカードを取られた馬狼の「はぁ!?良質なハグだろ!?」には思わず笑ってしまいました。キングはだんだんとおもしろキャラになってきてますね。

また、時光のスタミナに関しては、チームメイトである凛は知っていて当然だし、潔より先に時光を使った攻めを思いつくのも当たり前だ。とも思ったのですが、実際に凜が時光と一緒にプレーしたのは、二次選考の第1試合(潔・凪・蜂楽との試合)のみだと考えれば、条件は潔と同じかもですね。

凛のフリーキックが炸裂

時光が得たフリーキックを蹴るのは勿論、凛。そして当然のようにゴールを陥れます。これには潔もなす術無しといった感じでした。

これでスコアは3-4で、潔たち「TEAM WHITE」はあと1点奪われると敗北という所まで追い込まれてしまいました。さらに蜂楽が覚醒しそうな気配を匂わせているところを考えると、再びの敗北もあり得るかもですね…いや、流石にないのか…

ともかく、またしても凜に一歩先を行かれた形の潔。次の攻撃がラストチャンスなので、自らのゴールで凜を超えるところを見せて欲しいですね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました