ブルーロック第65話「運命の悪戯」のあらすじと感想(ネタバレあり)

ブルーロック65話ブルーロック(BLUELOCK)
スポンサーリンク

『ブルーロック』第65話「運命の悪戯」のあらすじと感想です。

ネタバレを含みますので、未読の方はご注意ください。

馬狼をプレーで圧倒し、パスを出させた潔がゴールを決めて4-4。

次の1点を決めたチームが3rdステージ勝ち抜けという状況で、ラストプレーに突入します!

ブルーロック第65話「運命の悪戯」のあらすじ

堕ちた王様

馬狼は初めて味わう敗北に、心を折られてしまいました。「青い監獄」の主役は潔で、サッカーは自分のためのスポーツではなかった。自分は王様ではなかった。と悟り、ピッチにうずくまってしまいます。

自分に勝った潔が「青い監獄」の主役だという考え方は、相変わらずの王様目線ですが…

一方、チームレッドの面々は、最後の攻防に向けて作戦会議です。無双状態の潔にボールを渡さないようにしながら、千切のスピードで勝負を決める作戦で、3人の意見は一致します。

潔と凪もラストプレーに向けて作戦を話し合います。凪が馬狼とも作戦を共有しなくて良いのかと、潔に尋ねますが、潔は今の馬狼には何を言っても無駄だと答えます。潔と凪の2人で決めきるつもりです。

潔vs玲王

チームレッドのキックオフで試合が再開します。

ボールを持った玲王に潔がマークに付きますが、露骨に千切へのパスコースを切っており、國神へのパスコースはがら空きです。千切には、凪がしっかりマークについており、パスが出せません。

玲王は一度、國神にパスを入れます。しかし、國神には馬狼がマークについており、簡単には突破できません。結局、ボールは再び玲王に戻されます。

玲王は状況を打開するためにドリブルで仕掛けます。潔の態勢を崩し、千切へのパスコースを生み出すためです。その試みは成功し、玲王は自らの仕掛けでパスコースを生み出し、パスを出します。しかし、これもまた潔の術中なのでした。

ボールの行方は・・・

玲王が千切にパスを出した瞬間、凪は千切のマークを捨て、ボールに向かってダッシュします。千切との競争では勝てないと見切って、直接パスカットを狙ったのです。

凪がボールに触れられなければ、千切にがフリーで抜け出して試合終了。そんな博打に近い作戦でしたが、凪は紙一重でボールに触れてカットすることに成功。しかし、ボールはこぼれてしまいます。

そして、こぼれ球が転がった先はなんと馬狼の足元でした。虚を突かれた顔の馬狼に「いくぞヘタクソ」と声をかける潔。

堕ちたキング、馬狼の反撃はなるでしょうか!?

ブルーロック第65話「運命の悪戯」の感想

潔の無双状態は継続中で、チームレッドからボールを奪うことに成功しました。玲王が創り出した千切へのパスコースも、凪が追い付くギリギリを見極めて、潔がわざと空けたのかもしれません。潔の覚醒っぷりは半端ないです。

一方、試合の勝敗を左右する最終局面で、ボールは馬狼の足元へこぼれてきました。サッカーの神様は、まだキングを見捨てていなかったという事でしょうか。勝利のために、そしてブルーロックで生き残るために、馬狼が下す決断に注目ですね!

コメント

タイトルとURLをコピーしました