ブルーロック第61話「生かす」のあらすじと感想(ネタバレあり)

ブルーロック61話ブルーロック(BLUELOCK)
スポンサーリンク

『ブルーロック』第61話「生かす」のあらすじと感想です。

ネタバレを含みますので、未読の方はご注意ください。

潔と凪のコンビネーションで、チーム・ホワイトが1点を返しました。

潔は馬狼とも連携を構築するために、馬狼に訴えかけます。

しかし、馬狼のプライドは思いのほか高いものでした・・・

ブルーロック第61話「生かす」のあらすじ

折れない馬狼

馬狼に「お互いを活かすプレー」をするように提案する潔。

しかし、もちろん馬狼は聞く耳を持ちません。「自分のゴールで勝つ」という、自分の信念を曲げるくらいなら負けてもいいというのが馬狼の哲学だそうです。

そんな馬狼に、潔も「このままじゃここで消えるぞお前」と言ってしまいます。馬狼が周りを活かすプレーを身に付けたら、もっとすごい選手になるという確信があるからこそ出たセリフでしたが、これが馬狼の逆鱗に触れます。

『ブルーロック』第61話より引用

馬狼は、互いを活かすプレーをしようと主張する潔も結局は「俺の言うとりにやれ」と言っているようなものだと、話を切り上げてしまいます。

玲王の本質

試合が再開し、チーム・レッドの玲王がボールを運びます。マークに付くのは潔です。玲王は潔に、「何でお前みたいな奴を凪が選んだか分からない」と、面倒くさい絡み方をしながらもアッサリと潔を抜いていきます。

潔が追いかけますが、玲王はすぐに國神へパス。國神は、玲王とのワンツーで馬狼を抜き去ります。そしてボールは再び玲王を経由して、左サイドの千切へと渡ります。千切はクロスを上げ、そこに國神が飛び込みます!

完璧な連携で3点目を奪い取ったチーム・レッド。千切のスピードや國神のフィジカルのような突出した武器はなくとも、全ての能力が高く、穴のない万能型の玲王は間違いなく、チーム・レッドの核として機能しているのでした。

『ブルーロック』第61話より引用

「生かす」じゃなく「喰う」

チームレッドの抜群の連携を目の当たりにして、潔は改めて馬狼との化学反応の必要性を感じます。

しかし、馬狼には「互いに生かし合うプレー」を求めることは難しそうです。「生き残るため」に潔は脳をフル回転させます。そして、潔は一つの気づきを得ます。ヒントは、2ndステージで成早に言われた「適応能力の天才」という言葉でした。

フィールドにおける「適応」とは、他者に合わせる行為じゃない

「馬狼を生かすんじゃなく、馬狼を喰うんだ!」潔の目に再び怪物の光が宿ります!

『ブルーロック』第61話より引用

ブルーロック第61話「生かす」の感想

馬狼が頑なに自分のゴールにのみ執着するのには、何か理由がありそう。と、思わされた第61話です。あそこまで個に拘る男が、サッカーという大人数でプレーするスポーツを選んだ理由となると、金なのかなと勘繰ってしまいますね。実は成早みたいに家族のためにお金が必要とか・・・流石にイメージと合わない気がしますが。

そんな馬狼と化学反応を起こすために、潔は「生かす」のではなく「喰らう」という手段に切り替えるようです。一体どのようにキングを取り込むつもりなのか楽しみですね!

コメント

タイトルとURLをコピーしました