ブルーロック第54話「喰」のあらすじと感想(ネタバレあり)

ブルーロック54話ブルーロック(BLUELOCK)
スポンサーリンク

『ブルーロック』第54話「喰」のあらすじと感想です。

ネタバレを含みますので、未読の方はご注意ください。

オフ・ザ・ボールの時間も1対1だと気づいた潔。

あとはその思考をどうやってゴールに結びつけるかです。

試合は次の1点を決めた方が勝利。潔は間に合うのでしょうか・・・!?

ブルーロック第54話「喰」のあらすじ

馬狼の帝王学

凪のゴールで、試合は4-4の同点になりました。次にゴールを決めた方が勝利です。潔は1対1で勝つための方法をもの凄い集中力で考えていました。その様子を見た凪の脳裏には、1次選考で敵として戦った時の潔の姿が浮かびます。凪は潔の覚醒を予感したようです。

馬狼・成早チームのキックオフ。凪はキックオフシュート対策として自陣ゴールの右側に立ちます。その代わり、ゴール前までは潔しかいません。成早は2人でパスを繋いでゴール前まで運ぼうと提案しますが、馬狼は当然却下します。凡人の言うことを聞く男ではありません。

「生きたいように生きて、勝ちたいように勝つ。これが俺の帝王学だ」

そう言ってキックオフシュートを放つ馬狼。これまでの右隅ではなく左隅のきわどいコースに今日一番のシュートが飛びます。

『ブルーロック』第54話より引用

成早のダイレクトシュート

しかし、馬狼のシュートはクロスバーに嫌われました。こぼれ球に潔と成早、そして凪が詰めます。

距離的に一番早くボールに触れそうなのは成早でした。しかし、潔と凪もすぐ近くまで来ており、ボールを止めれば2人に挟まれてしまうでしょう。馬狼からは「キープして俺に出せ」と指示が飛ぶ中、成早が選んだのは「ダイレクトシュート」でした。

潔が成早の「オフ・ザ・ボール」での駆け引きにヒントを得たように、成早も潔の「ダイレクトシュート」こそが今の自分に必要な武器だと感じていたのです。

『ブルーロック』第54話より引用

「天才たちに並んで人生を変える」

成早は渾身のダイレクトシュートを放ちますが、ボールは無情にもポストに弾かれてしまいます。

潔、覚醒

こぼれ球を凪が拾い、潔たちがカウンターを仕掛けます。位置的な関係で今までとはマークが逆になり、潔のマークに馬狼がつきます。

ゴール目掛けて駆け上がる潔。直前の成早のプレーから「自分と成早の武器を融合させる」という、閃きを得ていました。

潔は追い付いてきた馬狼の目の動きを意識します。馬狼がボールの位置を見る一瞬の隙を突いて死角に回り込み、馬狼がその動きに付いて行こうと重心を移動させた瞬間にもう一度動き直し、逆を突きます。潔は成早動きをトレースし、見事に馬狼を振り切ることに成功しました。

『ブルーロック』第54話より引用

ゴール前に飛び出した潔に、凪から完璧なパスが通ります。

潔はそのまま本来の武器、ダイレクトシュートでゴールを奪い、試合を決めました。

遂に天才の領域へ到達です!

ブルーロック第54話「喰」の感想

潔が遂に馬狼を抜いてゴールを決めましたね!

思えば潔は一次選考の頃から馬狼にいびられまくっていたので、感慨深いものがあります。馬狼はめちゃくちゃ悔しいでしょうね(笑)

今回、潔は自分の武器と成早の武器を掛け合わせることで、1対1に勝利しました。成早のステップワークをすぐに再現することができたのは、潔の「眼」が良いからでしょうか?

これからも、潔はこういった「動き系」の武器はどんどん自分のものとして吸収していっちゃうのかもしれませんね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました