ブルーロック第53話「死角」のあらすじと感想(ネタバレあり)

ブルーロック53話ブルーロック(BLUELOCK)
スポンサーリンク

『ブルーロック』第53話「死角」のあらすじと感想です。

ネタバレを含みますので、未読の方はご注意ください。

潔&凪ペアvs馬狼&成早ペアの2on2は、2-3で馬狼&成早がリード。

凪と馬狼がゴールを奪い合う展開の中、潔は「天才側」に行くためのピースを探し続けます。

そして、そのヒントは成早の動きに隠されているのでした・・・!

ブルーロック第53話「死角」のあらすじ

分厚い天才への壁

潔は自分に足りない能力、「ゴール前へ辿り着く」ための1対1の武器を模索していました。しかし、現状は凪や馬狼どころか、成早を突破することもできません。

潔はあらゆる手を尽くそうと、凪との「ワンツー」で成早を突破しようとしますが、成早はぴったりと付いてくるのでした。結局、突破を諦めた潔は凪にパス。それがゴールに繋がり同点に追いつきますが、潔の表情は晴れません。

凪と馬狼だけがゴールを重ねる試合展開では、いつまでも「天才側」に到達することができないからです。

『ブルーロック』第53話より引用

思考を変える

戦法を変えても上手くいかない潔は、「行動」の前に「思考」を変えようと試みます。「変わるってのは今までの自分を壊すコトからしか始まらない」と心で呟く潔・・・絵心の教えがだんだん身についています。

しかし、その間にも試合はどんどん進んでいきます。馬狼が本日2度目のキックオフシュートを狙ってきました。今回はブルーロックマンでも届かないコースを突いてきた馬狼でしたが、シュートを読んでいた凪がブロックします。

潔はこぼれ球を拾ってカウンターを仕掛けようとしますが、死角から飛び出した成早にカットされます。1対1では成早がやや優勢です。

『ブルーロック』第53話より引用

しかしその成早も、凪のプレッシャーに突破を諦め、馬狼へパスを出してしまいました。

これを馬狼がキッチリ決めて3-4。得点に結びつくプレーを見せた成早でしたが、潔と同じようにその表情は曇っています。お互いに「天才側」に追いつくきっかけを掴めないままです。

オフ・ザ・ボール

潔&凪ペアは、あと1点を奪われれば敗退が決まってしまいます。潔は4失点目に繋がった自分のミスを反省します。そしてそれが、新たな思考のピースを与えてくれました。

潔が成早にボールをカットされたのは、成早が潔の「死角」から飛び出してきたからです。それは成早が潔の死角を狙ったからであり、ボールがない所での駆け引きでした。

ボールを持っているだけが1対1ではない。

潔は、1対1で勝つことを考える際に「オフ・ザ・ボール」を意識していなかったことに気付きました。「死角」と「オフ・ザ・ボール」、この2つのピースを脳にぶち込んで、勝つための道をすさまじい集中力で構築し始めます。

『ブルーロック』第53話より引用

潔がほぼ自分の思考に没頭している間に、凪が1点とってくれました。「最後の1点を奪うために、まずはボールを奪わないとね」と声をかける凪でしたが、潔の耳には届いていません。

脳みそフル回転で思考を巡らせる潔に、進化の瞬間は訪れるのでしょうか・・・!?

ブルーロック第53話「死角」の感想

ついに試合は4-4。次の1点を取った方が勝利する展開になりました。来週で決着しそうですね。キックオフは馬狼&成早なので、潔たちは若干不利な状況です。

この試合ではほぼ足を引っ張る事しかしていない潔ですが、遂に自らの殻を破るためのヒントを掴みました。目まぐるしく思考を巡らせて、自分の常識を再構築する潔。果たして、答えをみつけることはできるのでしょうか・・・!?

コメント

タイトルとURLをコピーしました